So-net無料ブログ作成

津波避難路の制作1 [伊豆鉄道制作記3弾]

築堤の石垣が収まったので稲取2号踏切へ続く津波避難路を作ります。
inatori13.jpg
踏切周辺の様子。避難路と畑に降りる道があります。
inatori14.jpg
渡り板の形状。
inatori15.jpg
避難路整備前の小道の様子。まずは踏切周りから作っていきます。
izutetudou2086.jpg
渡り板と側溝をそれぞれ制作。
izutetudou2087.jpg
稲取2号踏切から海岸沿いの避難路入り口に続いている小道を作っていきます。
inatori16.jpg
参考までに避難路着工前の状況。
inatori17.jpg
竣工後。
inatori18.jpg
標識によって、ここが避難路という事が分かります。実際は標高の高い国道135号線まで通りぬけられます。
inatori19.jpg
踊り場の様子。
izutetudou2089.jpg
GM石垣(今回はA,B,Cの3種類使用)で1/150を再現。海岸を作る時に天然丸石(小)を写真を参考に撒く予定。
izutetudou2090.jpg
天気の良い日に塗装します。手摺はレイアウト仕上げの段階で制作します。実景と位置がずれこんでいるのは海を大きくとる為の影響からきています。その後、渡り板の角度を直して稲取2号踏切へ続く避難路の坂を6mm低く(線路の枕木下端に合わせた)修正しました。
izutetudou2091.jpg
これで手前避難路入り口とのバランスがとれました。急坂の距離も短くして、その分小道が伸びたおかげで違和感がなくなりました。

nice!(23)  コメント(4) 

nice! 23

コメント 4

青い森のヨッチン

津波避難路って東日本大震災以前に設置されていたのでしょうか?
実際身近にないのでまだピンときません。
これからは海岸線を走る鉄路の再現にリアリティが表わせるアイテムになるんでしょうね。
by 青い森のヨッチン (2017-10-12 09:49) 

JR浜松

青い森のヨッチンさん、コメント&nice!ありがとうございます。

大震災の後に設置されました。なので設置前と設置後の取材があります。レイアウトは、現在の状況で作ります。
現地は温泉街から海沿いに沿って遊歩道がありまして、海岸まで行ってしまうと高台へ続く道が無かった事から既存の稲取2号踏切を使って避難路をいち早く建設したものと考えられます。

by JR浜松 (2017-10-12 10:43) 

卓

実景の雰囲気がこの段階でバッチリですね。
デフォルメの妙でしょうね~

私は大師線モジュールぐらいしか経験がありませんが、
実物と模型の印象を近づける難しさを感じました。
by (2017-10-13 12:20) 

JR浜松

卓さん、コメントありがとうございます。

メインはとにかく海を少しでも大きくとりたい為(1弾側から模型の海を見下ろすプラン)にかなりのデフォルメを余儀なくされました。線路と海の距離が縮まる桜模様のあるトンネル付近を3弾の見せ場とする為に稲取駅側にある2本の小川は内陸部分しか再現出来ませんでした。ジオラマとして格好良く纏める上で下手クソ(汗)な1/10イラストと並行しながらプランを進めてます。効果が出たのが2弾の国道135号線が3弾側に自然と繋がった事です。この辺はコーナーモジュール(国道沿いにヤシ並木)を含めて再現します。高低差も考えながらプランするだけにワクワクしましたよ(^^。

by JR浜松 (2017-10-13 18:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント