So-net無料ブログ作成
検索選択

海鮮家の製作1 [伊豆鉄道制作記3弾]

ストラクチャーの製作を続けます。※店内まで入って取材しておりません。
izutetudou2021.jpg
志津摩海岸一帯を見渡せる駐車場のある海鮮家を雰囲気の出る程度に製作します。建物が大きいのとレイアウトの敷地に制限がある為に今回は本来の1/150サイズで作りました。
izutetudou1020.jpg
トンネル製作のようにNゲージサイズの図面を型紙(マットフォトペーパー)にコピーするところから始めます。拙い図面ですが、窓の部分は切り抜いてPlastruct等でサッシや格子を作ります。
izutetudou2022.jpg
店内の再現は大変な事になりそうなので閉店時のシャッターの降りた設定にします。のぼりや看板はシールを製作して再現する予定です。
izutetudou2023.jpg
側面パーツの型紙を切り出した段階。1階部分の壁パーツは軒に使うプラノイタがt1.0なので、軒天より1mm引いてカットしています。
izutetudou2024.jpg
プラバンt0.5を使って1階と2階(店内が吹き抜けの明かり取りかな?)の壁パーツを組んだ段階。1階裏側に『こばる』製ドアを取り付けました。周囲には1mm角棒で基礎を作りました。シャッターはプラノイタ・波板を使いました。
izutetudou2025.jpg
続いて屋根を製作します。屋根の形は定規を作ると楽に出来るので私はこのやり方になってしまいます。
izutetudou2026.jpg
まずは工作用紙でテスト。屋根定規は縦横より正確な寸法の方で型紙を作ってそれをもう1枚づつ同じ寸法で作りました。(正確な勾配角度を一つ描いたら分度器で角度を測ってその数値で残りを制作するとより精度の増した屋根が作れます)2階部分は軒の上に載せる方法です。実際の軒はコロニアルのようですが、材料が手元にありませんのでプラバンに筋彫り(といっても横線だけ)して雰囲気重視で作ります。
izutetudou2027.jpg
工作用紙ですと撓んで寸法が今一に見えます(^^;
izutetudou2028.jpg
それでプラバンt1.0に筋彫りした軒を作って改めて確認しました。
izutetudou2029.jpg
とりあえず図面通りの雰囲気になりました。
izutetudou2030.jpg
大屋根も同様にまずは工作用紙で雰囲気をチェックしました。
izutetudou2031.jpg
図面通りに製作しておりますが、特に問題無いので次回はプラノイタで大屋根を作ります。


桜模様のあるトンネルの製作2 [伊豆鉄道制作記3弾]

内部配管を真鍮線φ0.3とPlastructで作り取り付けた後にサフ(ライトグレーとホワイト)を吹いて下地を整えグレー系(デッキタン、ダークシーグレー、佐世保海軍工廠グレー)でウェザリングを兼ねて塗装後、NATOブラウンで線路のサビ飛びをつけました。最後にウェザリングマスター(スス色)で写真を見ながら似せてみました。
izutetudou1016.jpg
桜模様をもう少し濃いグレーにすれば良かったようです。
izutetudou1017.jpg
最後に勾配部に金網フェンスと側面上にフェンスを付ければ完成です。
izutetudou1018.jpg
配管はカメラに当たらない程度に設置しました。
izutetudou1019.jpg
これで本体は完成です。

桜模様のあるトンネルの製作1 [伊豆鉄道制作記3弾]

続いて祠のすぐ後ろにあるトンネルを製作します。
izutetudou1008.jpg
取材を元にNゲージサイズにデフォルメした図面です。
izutetudou1009.jpg
これをさらに煮詰めて、製作しました。
izutetudou1003.jpg
レイアウトに収まるサイズに短縮デフォルメした図面をマットフォトペーパーコピーし型紙を作りました。プラバン0.5mm厚が使い易いのでカットした後、三角棒2mmで接着面を補強しました。
izutetudou1004.jpg
2つのパーツに分けて製作しました。
izutetudou1005.jpg
開口部を実物同様に合わせて接着。
izutetudou1010.jpg
内部の段差も表現。
izutetudou1013.jpg
ポータル前面の角度がちょっと足りないかな。
izutetudou1007.jpg
レイアウト設置時では線路の高さがコルク道床(およそ2mm)分上がるのでパンタグラフに接触しないように余裕をみてH50mmの開口部を設けています。
izutetudou1011.jpg
伊豆鉄道レイアウトの建築限界を左右2mmずつの余裕でクリア。
izutetudou1012.jpg
トンネル内の配管スペースを確認しています。
izutetudou1014.jpg
傾斜角度を修正した『こばる』製プラノイタ石割模様をポータル前面に貼り、タミヤ製プラペーパー0.1mm厚で桜模様を作って仮止めしました。
izutetudou1015.jpg
航空写真で後部パーツの出幅の違いを見つけたので併せて修正しました。内部配線(ダミー)を施した後に塗装作業に入ります。



祠の製作 [伊豆鉄道制作記3弾]

暑さも幾分和らいで来ましたので、重い腰を上げて小物の製作を始めました。
izutetudou1002.jpg
志津摩海岸中央のトンネル付近にある祠を作りました。ちょうど、さんけいさんからペーパーキット(祠Aキット)が発売されているので屋根垂木の再現にPlastructを追加して加工してみました。一部塗装してます。
izutetudou1001.jpg
レイアウトに設置する時にウェザリングと石垣を追加して雰囲気を出せたらと思っています。