So-net無料ブログ作成
検索選択

キハ58系カンタムをDCCで試運転してみる [HOゲージ]

2連休のお休みを利用して天賞堂カンタム搭載キハ58系をDCCでどの程度運転出来るのかテストしました。
ho80.jpg
購入して初めての試運転となります。キハ28はデコーダー未搭載の為、車両の向きでテールライトが点灯したままとなりました。左方向に走行する分には問題無いようです。DCC主体とするならばデコーダー搭載が必要ですね。さて電源を入れると瞬時にエンジンサウンドが高らかに鳴り出します。しばらくそのままにしておくと操作に反応するようになりました。
ho81.jpg
DCS100コマンドステーションにDT-400スロットル(ファンクション数F0〜F12)の組み合わせで試運転に入りましたが、必要最低限の機能しか使えない事が分かりました。やはりとことん遊ぶにはカンタム・エンジニアSが欲しいですね。それでもDCC環境で他の列車と協調運転する分には問題は無いでしょう。DCC制御でのカンタム車両はスロットルに連動した普通の加減速になりますので、運転自体は楽になります。またESUのECoS2ならファンクションの数から音や制御がもっと選べるようになるのではないでしょうか!?いずれ導入したいですね。この模様は You tube にアップしているので興味のある方は動画もご覧になって下さい。↓

https://youtu.be/TZM5KxW2i24


その後の進捗状況 [伊豆鉄道制作記3弾]

今年も暑い季節がやって参りましたね(汗)
さすがにこの季節のロフトは屋根からの熱がモロに入り近づきたい気持ちになれません。
すぐ下の模型部屋と温度差が10°以上違う感じがします。
さてしばらく放置状態が続いてしまっておりますが、お友達のだいちんさんから制作をお願いしていた『擁壁!』が届いておりました。資料と実物取材に同行して頂いてNゲージサイズで制作して貰った拘りの擁壁です。(スポットライトからの擁壁の影も意識して制作)
izutetudou2079.jpg
レイアウトのデフォルメで実物よりも距離が短いのですが、すでに雰囲気が出てます。また息子が買ってくれた『春の伊豆北川ジオラマ』の作者が拘って制作された『松』を祠裏手の崖に多少小さくして取り付けてみようと考えています。置いてある車両は今月末から運行が開始される豪華列車THE ROYAL EXPRESSの元になったアルファリゾート21です。乗車は今のところ考えてませんが、you tubeで実物を見るとその輝きが半端ない高級感を漂わせていますね。涼しくなる頃に再開する予定です。

キハ58系 冷房改造車 暖地形 導入 [HOゲージ]

これからの猛暑を考えただけでレイアウト制作からますます遠のいてます(汗)作業のし易い16番ばかりの記事に今回もなります。ついに念願の天賞堂カンタム搭載初導入となりました。大昔、長浜〜米原まで乗車した急行敦賀や急行丹後を再現出来るキロ28 100が同梱されている基本4両セットにしました。とりあえずDCC制御で運転する予定です。
ho70.jpg
キハ58と28の基本2両セットも欲しいところですが、今月も気合いを入れて働きたいところ。ディーゼルならではのサウンドが楽しみです。KATOキハ58サウンドカードも購入済みですが。
ho71.jpg
取説を見る限り、後付けパーツは少ないようです。これに無線アンテナを取り付けるくらいです。ただ個人的に取り付け済みの冷房電源ホース?は元の部分以外は黒に塗装したいですね。(実車はこの色のままもありますが、黒色が一般的?)
ho72.jpg
車番などはインレタの転写ですが、これもそれ程多くはなさそうです♪
ho76.jpg
形式番号転写中。床下機器にも機器名が入ってますね。
ho75.jpg
グリーン車マークや配置区などインスタントレタリングは全て転写しました。
ho74.jpg
急行丹後にする為、米子の後藤工場としました。
ho78.jpg
後付けパーツには、EZメイトカプラー(KATOキハ58シリーズと連結可能)やタブレット時代を再現出来る防護窓などマニアックな選択部品も入ってます。
ho77.jpg
キハ58にパーツを取り付けました。天賞堂の後付けパーツは殆どの部品をアクアリンカーボンドで固定しています。(ジャンパ線などのホース類はボディーと床下のどちらか一方に接着固定しました)TNカプラーは標準装備です。スノープローは単線タイプにしました。9〜10月再生産予定のKATOキハ58(M)、65もDCC化を目論み予約済みです。
ho79.jpg
スノープローを複線仕様に統一し直して全車一応完成しました。HOケースがもうフル状態(汗)で箱に戻すのがNと違って面倒ですから、追加するか悩みますね。気が向いたらば、くろま屋さんの架線注意インレタや冷房改造ホースやジャンパ線の塗装を考えてみたいと思います。