So-net無料ブログ作成
検索選択

越前かにを食べに3 [グルメ]

越前かにを食べるならここと決めている民宿おおとくさんに今年も行って来ました。
ootoku1.jpg
チェックインを済ませると新しく出来たレストラン棟でコーヒーのサービスがありました♪
ootoku2.jpg
ここまで来るとちょっとした高級な旅館といった雰囲気です。
ootoku3.jpg
民宿棟の前にあるので浴衣のまま出掛けました。
ootoku4.jpg
東尋坊と雄島の景色を眺めながらのティータイム。別注文ケーキも頼みました。
ootoku7.jpg
ootoku6.jpg
風呂のあとはお楽しみの夕食です。
ootoku8.jpg
水槽の中には晩ご飯に出される特大かにが!
ootoku9.jpg
定番のお刺身。甘くて最高の食感♪
ootoku10.jpg
かにみそしゃぶと脚のしゃぶしゃぶ。活け蟹ならではの鍋。(日帰り漁出来る三国港産ならではです)
ootoku14.jpg
ロシアからの非正規ルートの制限でかに全般が高騰してしまい、ここ越前かにもその煽りを受けてしまいましたね。
ootoku12.jpg
今回は気張って一部献上かにコースも注文。
ootoku12.jpg
シーズンも行きたいところです。

行ってみたかった宿2 [グルメ]

制作記続きなのでここでネタ変えです。夏休みに伊豆河津の峰温泉に行って来ました。
mineonsen1.jpg
玉峰館です。
mineonsen2.jpg
まさに地温泉でまるで草津にでも来たようにバッカンバッカン!と大きな音を立てて敷地内に温泉が湧き出ています。ここの大露天風呂も清潔で素晴らしかった。
mineonsen3.jpg
手入れの行き届いたお庭。
mineonsen4.jpg
本館から離れに続いている道も雰囲気がとても良い。
mineonsen5.jpg
食事処から眺めたテラス。
mineonsen6.jpg
泊まった離れのお部屋。
mineonsen7.jpg
清潔で気持ち良い。
mineonsen8.jpg
洗面所とシャワーブース。
mineonsen9.jpg
露天風呂付き。この日は台風直撃でしたが温度も申し分ない程の湯加減。
mineonsen10.jpg
お楽しみの夕食。醤油を乾燥させて塩感覚で付けて頂くアイデアが素晴らしい。香ばしいにつきます。
mineonsen11.jpg
日にちが経っているので、メニュー忘れてしまいました。
mineonsen12.jpg
どれも和の素材フレンチ風にアレンジしており、とても美味でした♪
mineonsen13.jpg
ここで口直しにりんごのお酒。
mineonsen14.jpg
お造りは、イサキでした。マハタのお造りもgood。
mineonsen15.jpg
鮑はステーキで。
mineonsen16.jpg
伊豆牛。
mineonsen17.jpg
〆はご飯。
mineonsen18.jpg
デザート。美味かったなぁ。
mineonsen19.jpg
ロビーには巨大なワインセラーも!素敵なお宿でした。

行ってみたかった宿 [グルメ]

今週になって近くのソメイヨシノ桜がちらほらと咲き出しました。伊豆高原から一碧湖あたりの桜並木が綺麗で行きたいところですが今月はお休みが限定されてますので諦めます。
さて美味しいものを食べに(見つける)行く事も趣味?の一部ですからじっとしていた訳ではありません。
asebino1.jpg
先日拝見した宿ブログで書かれてましたが、その方にとっても『ラスボス!』とか(笑)行ったのは湯ヶ島温泉です。ちょうど河津桜が満開でした。
asebino2.jpg
春のメニューなんですね♪
asebino3.jpg
う〜ん、どれもとても美味しい。料理長の腕が冴え渡っている感じ☆
asebino4.jpg
繊細な食感。ここ嵯峨沢館のずっと後になって出来た宿ですが、主が全国を渡り歩いて拘りぬいて創った温泉旅館です。
asebino5.jpg
お刺身。
asebino6.jpg
こんな料理を頂いてしまうと次回どうする。。。
asebino7.jpg
どれも本当に繊細な味付けです。
asebino8.jpg
品数も充実してました。
asebino9.jpg
伊豆で蛤が出てくるとは。鍋は浅利です。相模湾というよりも駿河湾で獲れたものか?
asebino10.jpg
〆は、鯛ごはん。旬だなぁ♪釣りに夢中になっていた頃は桜の季節の桜鯛(真鯛)を釣って来ては鯛茶漬けにしてました。※真鯛は冬に脂が乗ってきて春の産卵期に入る直前が旬です。
asebino11.jpg
デザートで満腹。
asebino12.jpg
平日の5人利用はお得です。
asebino13.jpg
花の蔵の一番大きなお部屋でした。
asebino14.jpg
5人でもゆったり広々。
asebino15.jpg
部屋の露天以外にもお風呂が沢山あって楽しめました。さてHO車両の続きでもしようか。(お宿、あせび野)

一足早いクリスマスは [グルメ]

今回は鉄模に全く関係ありませんので、ご注意を。最近皆さんのグルメ記事に圧倒されておりましたが、ここはささやかな反撃体制に入ります(笑)
xiv1.jpg
やはり私は伊豆になってしまう。。。
xiv22.jpg
行きつけの宿へ。
xiv2.jpg
今回は天ぷら割烹コースを頂きました。
xiv3.jpg
こんな食材まで揚がるのかな。5人で伺いましたが、これで3人前です。
xiv4.jpg
前菜。
xiv5.jpg
お造りは、ヒラマサにヒラメ、マグロに蒟蒻。
xiv6.jpg
やはり麦になってしまう。
xiv7.jpg
サイマキ(車海老)。
xiv8.jpg
レンコン。
xiv9.jpg
雲丹は海苔で巻いて揚げてるのね。
xiv10.jpg
ここからは覚えてません(笑)
xiv11.jpg
xiv12.jpgxiv13.jpgxiv14.jpgxiv15.jpg
xiv16.jpg
xiv17.jpg
xiv18.jpg
伊勢エビにアワビ、ヒラタケなど頂きました。美味かったなぁ。。。また行きたい。
xiv19.jpg
〆はかき揚げとごはん。
xiv20.jpg
デザートで満腹。
xiv21.jpg
天気も最高でした♪(XIV伊豆)

今だけのおまけ。
走行状況が今イチのウェアラブルカメラの動画です。期間限定公開分終了しました。
https://youtu.be/UOwWoKvMkms

嵐渓荘さんへ行って来ました [グルメ]

秋の味覚といえば、脂の乗ったサンマや松茸が筆頭に浮かびますが、今回は母親と友人と7月に天然鮎コースを食べに行った嵐渓荘さんへ松茸コース目当てに行って来ました。
matutake1.jpg
燕三条駅から宿の送迎バスで40分ほどかかりました。
matutake2.jpg
そうそう新蕎麦や新米の季節でもありますね♪ところどころで蟋蟀が鳴いて初秋を感じます。
matutake3.jpg
五十嵐川に沿って走って行きます。落ち鮎を狙って釣り人の姿がちらほら!
matutake4.jpg
断崖のある山のところで右折。ここから守門川(支流)に沿って進んで行くと越後長野温泉があります。
matutake5.jpg
お部屋からは守門川が眺められます。目の前で落ち鮎が一瞬横たわったのを発見した友人!直後スーっと消えて行きました。
matutake6.jpg
さあ、お待ちかねの夕食です。
matutake7.jpg
前菜の中の鮎煎餅(薄く輪切りにしたものを揚げたもの)が気に入ってしまい、お土産に買ってきました。沢山入っていたので驚きました♪
matutake8.jpg
麦が進んでしまいます。
matutake9.jpg
好き嫌いありますが、洗いもクセが無くて良かった。
matutake10.jpg
天然落ち鮎の塩焼き、ヤッター♪お腹が朱色してました。今年は豊漁なんですね!※天然鮎コースの初期に食べた鮎は別格でした。落ち鮎は大型になる分産卵期に入り砂を食べるようで、頭から食べると風味が損なわれました。やはり旬に食べるのが最高ですね(^^。
matutake11.jpg
そしてお目当ての焼き松茸。一人で5枚も食べれるとは。
matutake12.jpg
秋の味覚を満喫。
matutake13.jpg
風味を損なわないタレにつけて頂きました。
matutake14.jpg
土瓶蒸しの他に蕎麦の入った吸い物も出ました。
matutake15.jpg
和牛の石焼。
matutake17.jpg
松茸ごはんは、薄味でした。連日満室なのも頷けました。完。

おれんじ食堂の旅になる筈だった(^^; [グルメ]

九州へは若かりし頃に仕事で8回程行ってますが、遊びで行くのは今回が初めてとなります♪今回は半年前から『おれんじ食堂』を大手旅行会社で予約してまして、鉄道とグルメの両取りの旅を企画しておりました。
orange1.jpg
羽田から鹿児島空港へ1時間40分で着きました。、そこからリムジンバスで鹿児島中央駅へ。予報と違い小雨でした。
orange2.jpg
気動車ばかりの光景が、やはり鹿児島か!
orange3.jpg
ホームは電化されてました。
orange5.jpg
この日は指宿まで『指宿のたまて箱』号に乗車しました。
orange6.jpg
この時は明日の『おれんじ食堂』への期待が膨らんでました。
orenge7.jpg
カウンター席がちょうど5人がけで、nice♪
orenge8.jpg
九州のイベント車両は本当によく出来てますね。
orenge9.jpg
車内販売を利用して快適でした。
orange10.jpg
対岸の桜島からは、うっすらと噴煙が出てました(^^;
orange11.jpg
宿に到着。
orange12.jpg
生憎の天気で、モヤがかかってます。
orange13.jpg
宿では、砂むし風呂などを体験し名物のきびなごを酢みそで頂きました。そして次の日から大番狂わせが始まりました(滝汗)宿では大雨が降っているとは思わなかったのですが、(花火大会もやってましたし)予定通りにチェックアウトしてバスに乗り、指宿駅に着いてようやく事態に気付きました。なんと枕崎線が不通になっているとの事!!嫌な予感がして、ネットでおれんじ食堂を調べると昨日が一日中運休。。。慌てて問い合わせると本日も最終を除いて運休で、おれんじ食堂も昨日に引き続き運休との事!!ガーン(^^;なんの為に九州まで来たのか。。。旅行会社からクルージングディナー運休の連絡も無く、こちらから連絡して初めて分かった様子。おれんじ鉄道さんは、旅行会社へ昨日連絡済みというのに。トホホ。。。もう11時だし、気を取り直してタクシーで鹿児島中央駅まで行って、この日の目的地の熊本へ向かいました。鹿児島がシラス台地という事を思い出しました。※ 帰宅しておれんじ鉄道のHPを見て8月31日に入り掲載されて分かった事ですが、8月25日から29日(土)までの5日間全線で運休していた事が分かりました。HPの運行情報では、今回の件について公表されていませんでした。これでは旅行者には伝わりませんよ!
orange14.jpg
新幹線の車内もデザインが良いですね♪
oranje17.jpg
ホテルに早めのチェックイン。お部屋からは熊本城がよく見えました♪さて気持ちを切り替えるべくお昼は熊本ラーメンを。
orange15.jpg
餃子も(笑)
orange16.jpg
九州にご縁が無かったかな。。。夕食はタクシー運転手さんのおすすめの菅乃屋上通り店さんで、馬肉料理を頂く事にしました。
oranje18.jpg
地ビールで乾杯。
orange19.jpg
前菜の赤海老がプリプリで美味かった。
oranje20.jpg
レバ刺しが食べれるとは。
orange21.jpg
新鮮で甘くてクセが全く無い極上のお肉。結果としておれんじ食堂より良かったかな?
oranje22.jpg
揚げ物。
oranje23.jpg
濃厚な茶碗蒸し。
oranje24.jpg
ハリハリ鍋。
oranje25.jpg
松茸入りの新鮮な野菜。
oranje26.jpg
〆はぞうすいで。
oranje27.jpg
デザートで終了。酔いすぎでホテルへ帰り、就寝。
oranje28.jpg
熊本観光も出来ず帰路へ。当分九州へは行けないだろうなぁ。完。

夏ならではの旅 [グルメ]

計画していた夏のおおとくさんと山中温泉に越後長野温泉へ行って来ました。ちょうどレイコンのお祝いのような感じになりました。。。今回は鉄模に関係ない、グルメ記事になります。あしからず。
summer1.jpg
金沢へは、速達タイプのかがやきで2時間半と近くなりましたね♪
summer2.jpg
懐かしい形式がまだ活躍してますね。
summer3.jpg
真夏のおおとくさんへは、2年ぶりになります。
summer4.jpg
M3ならではの色合いがgood
summer5.jpg
広角レンズの威力です。対岸に東尋坊があります。
summer6.jpg
やまに水産でランチ。東尋坊名物のいがうに、甘くて最高。
summer7.jpg
イカ焼き。
summer8.jpg
イケスで泳いでいた越前カニ。
summer9.jpg
半身づつ料理して頂きました。さて宿に戻って温泉に入っていよいよ目当ての夕食です。
summer10.jpg
前菜から。
summer11.jpg
地物のお刺身が抜群です。前回よりも美味かった!腕がさらに上がったのか、魚の個体差か?アジとイカが特に美味かったです。
summer12.jpg
夏ならではの岩カキ。
summer13.jpg
アワビのステーキ
summer14.jpg
今回のアマダイは頭の方を。これが塩加減良く昔釣ってきていた頃の味と同様でした♪一旦グルメから離れて。
summer15.jpg
山中温泉へ。
summer41.jpg
こおろぎ橋近くの良い立地にある宿にお世話になりました。伊豆北川温泉では有名宿ですね。
summer42.jpg
鶴仙峡を見下ろすお部屋。ツアー特典の貸し切り風呂へ。温泉が良いですね。
summer43.jpg
それにしても暑かった日でした。中華屋さんでお昼を済ませて、堪らずに宿の前の茶屋で一服。
summer44.jpg
夕食は、炭火焼コースを堪能しました。
summer45.jpg
さて次の日は、サンダーバード号で金沢へ。
summer16.jpg
金沢駅にあった作品。このあと越後長野温泉を目指しました。
summer17.jpg
連絡特急『しらゆき』号。ひたち号に使われていた形式。
summer18.jpg
そうそうNゲージでもGMから新動力搭載で予定されてますね。
summer19.jpg
日本海側の風景ならでは。
summer20.jpg
宿に到着。4時間半かかりました。
summer21.jpg
天然鮎料理がこの時期の1ヶ月のみ味わえる嵐渓荘です。短い期間限定という事が本物を物語っています。五十嵐川で釣れた鮎を提供しているようです。
summer22.jpg
川から敷地にひいた水路。
summer23.jpg
目の前の守門川での鮎釣り。今年は水が澄んでよく釣れているとの事。
summer24.jpg
冷たい水に冷やされたラムネを頂きました。
summer25.jpg
ロビーの様子。
summer26.jpg
部屋でも冷水が味わえました。
summer27.jpg
温泉大浴場。
summer28.jpg
貸し切りの深湯。
summer29.jpg
底に丸石が敷き詰めてありました。
summer30.jpg
湯上がり処。温泉は塩化物泉?です。
summer31.jpg
お目当ての夕食です。
summer32.jpg
天然鮎のコースは初めて(自宅で釣って来た鮎を食べた事以外)なので期待がかかります。
summer33.jpg
名物の鮎煎餅等。
summer34.jpg
天然鮎のお造り。確かに甘みが全然違う。
summer35.jpg
天然鮎の塩焼き。今まで食べて来た中で一番美味かった♪骨までよく火が通っていて頭から食べれました。
summer36.jpg
稚鮎の天ぷら。これまた超美味!
summer40.jpg
土瓶蒸し。
summer37.jpg
鮎の田楽。
summer38.jpg
これは養殖の鮎を使ったムニエル。やはり塩焼きに限りますね。
summer39.jpg
〆に鮎ご飯と冷やし汁。最後にデザートの杏仁豆腐で大満足でした。初秋の松茸コースも楽しみです。
完。

越前かにを食べに2 [グルメ]

雄島前にある漁港。
kani21.jpg
越前松島のすぐ隣にあるだけになんともいえない長閑な漁港です。夏場などは防波堤からサビキでアジ釣りが楽しめます。
kani22.jpg
宿の朝食。
kani23.jpg
冬場のマアジは特に美味しいです。宿からは無料送迎バスで芦原温泉駅まで乗車しました。
kani24.jpg
時間の関係で『しらさぎ』号で加賀温泉まで乗車しました。駅から運良く宿の送迎バスで山中温泉まで送って頂きました♪
kani25.jpg
荷物を預けて山中温泉街へ。こおろぎ橋は、雪で凍ってました。
kani26.jpg
堪らずに茶屋で一服。
kani27.jpg
雪景色の中を散策です。
kani28.jpg
ツアーパッケージでお世話になった、昼ドラ『はるちゃん』で舞台となった翠明さんです(笑)
風呂が気持ち良かったです。
kani29.jpg
旅館ならではのカニコース。
kani30.jpg
当然麦を!
kani31.jpg
帰りは、金沢へ寄り道する為に特急?バスで、近江市場へ。
kani32.jpg
美味そうな寿司屋があったのですが、狭い店内は一杯(^^;一通り見て回って2階にある、すし割烹へ。
kani33.jpg
富山湾名物の白海老の唐揚げ。
kani34.jpg
ここでも麦を(笑)
kani35.jpg
のどぐろの炙り。もちもちぃっと!した食感がいいですね。
kani36.jpg
寒ブリのトロ。上品な脂が日本海産といった感じですね!
kani37.jpg
地物寿司。しゃりといい、当然ネタも最高でした♪
kani38.jpg
帰りは、羽田まで。小松空港ならではの、イーグル戦闘機を20数機見た光景は凄かった!北陸新幹線開業すれば、ますます便利になりますね。
kani39.jpg
仲間との宴会?用のかがやき酒も買って来ました(笑)
kani40.jpg
今回乗車した、しらさぎと乗ってみたかった、北越急行の681系スノーラビットEXPに683系のサンダーバードを並べてみました。この他に付属2編成があって、全てDCC化しています。
kani41.jpg
クリックすると拡大します。開業後は、賑やかになりそうですね。おしまい。


越前かにを食べに [グルメ]

数年ぶりに越前かにを食べに出かけて来ました。また今回はまだ乗車した事が無かった、ほくほく線『はくたか』号に乗る目的もありました。
kani1.jpg
まずは東京駅からMaxとき号で越後湯沢へ向かいました。
kani2.jpg
全国の有名駅弁店で数ある中から穴子飯を購入。正解でした♪
kani3.jpg
1時間程で越後湯沢に到着。期待していたスノーラビットEXPではありませんでした。これはJR西日本の681系サンダーバード号を使用したものです。古い車両なので、かなり痛んでました(^^;
kani4.jpg
ここは最後という事もあってグリーン車にしました。
kani5.jpg
天気にも恵まれて、気分上々♪その後金沢近くで、だいちんさんとLINEでやりとり♪金沢から普通電車で芦原温泉駅へ。バスで東尋坊へ向かいました。いがうにや焼き牡蠣を頂きました。
kani6.jpg
そして毎回お世話になっている内湯の宿『おおとく』さんに到着しました。
kani7.jpg
真ん前に雄島を望める風光明媚なところです。
kani8.jpg
民宿とはいえ、良いお宿です。
kani9.jpg
今回は以前泊まった『かに』の間です。
kani10.jpg
通路を奥へと進んで行きます。
kani11.jpg
さあ、お待ちかねの夕食です。
kani42.jpg
今回は、いつもの『こだわりかにコース』とランクアップした『特選かにコース』をそれぞれ注文しました。コースの違いは、茹でかにの大きさとイカのお造りです。
kani12.jpg
越前かにのフルコース♪
kani13.jpg
う〜ん、鮮度が違います。
kani14.jpg
かに味噌しゃぶしゃぶ
kani15.jpg
定番のおさしみ。寒ぶりも付いてました。
kani16.jpg
メインの茹でかに!民宿の良いところは1人1パイ付きますので、食べ応え十分です。
kani17.jpg
焼きかに。
kani18.jpg
鍋の後で、ぞうすい。
kani19.jpg
おおとく名物の肉じゃが。この絶妙な甘さが、かにと合うんですよね。
kani20.jpg
デザートと大満足。続く。。。

再び志津摩海岸へ [グルメ]

3連休を取って稲取とその周辺に出かけて来ました。
izutetudou939.jpg
またコーナーモジュールの台をイレクターで作成しています。大きさがあり見下ろす事が出来る海も斜めに見れば十分なので海パネルの増設はやめようと思います。
izutetudou940.jpg
手前のコーナーモジュールは階段の笠木があるので台を合わせて製作しました。
izutetudou941.jpg
これで周回させる為の準備が整いました。
sizuma1.jpg
前回の取材で見落としていた小川(渓流)に架かる小さな橋や海の色目などを撮影しました。その後はいつもの(笑)兼宴会?コースです。
xiv1.jpg
今回は天ぷらを頂いて来ました。知り合いの会員券の恩恵です♪
xiv2.jpg
前菜に始まり。
xiv3.jpg
ここで飲み放題で乾杯。
xiv4.jpg
ホウボウのお刺身は山葵味噌で。
xiv5.jpg
あげたては美味いですね。
xiv6.jpg
野菜の盛り合わせ。
xiv7.jpg
タラバに。
xiv8.jpg
穴子。
xiv9.jpg
穴子の骨をあま塩で。
xiv10.jpg
ほっこり、さつま芋(笑)全てあげ加減がほっこりとしていて最高。
xiv11.jpg
ウェルカムドリンクで乾杯。
xiv14.jpg
年代を感じるTV。
xiv13.jpg
ジャグジー付き。
xiv12.jpg
伊豆急ではなくて船で。おしまい。(XIV伊豆、初島クラブ)