So-net無料ブログ作成
伊豆鉄道レイアウト回想録 ブログトップ

富戸駅〜赤入洞橋梁セクション 回想録 [伊豆鉄道レイアウト回想録]

いつかは伊豆急のレイアウトを作りたい!小学3年生の時に行った宇佐美養護学園で過ごした1年間で伊豆急のファンになってしまい、その後一碧湖近くにあった別荘に頻繁に行っては伊豆半島の大半を網羅したと思います。行く度に目につく国道135号線から見た北川橋梁や今程発展していない頃の富戸駅や川奈駅近郊の急勾配の線路など思い出が沢山詰まっています。ようやくこの歳になって趣味の部屋を持てた事で一つ夢が叶いました。クリックすると拡大します。
izutetu1.jpg
20代後半にスーパービュー踊り子号が走り出して、それまでマイカーばかりだった伊豆に再び電車で訪れる機会が増えていく事になります。
izutetu4.jpg
その後リゾート21EX(4次車)やアルファリゾート(5次車)が登場して伊豆急が一番輝いた時代となりました。伊東沖で釣りに興じていた頃は、新型の伊豆急リゾート21が頻繁にJR伊東線を走っていました。一時は夢が膨らんで宇佐美〜伊東間を作るつもりだったのは、学園生活の時に東京に帰りたい一心で高台から伊東線を見下ろした光景と伊東沖から眺めた光景が印象深かったからでしょう。富戸駅を作るきっかけは、大田区立の伊豆高原学園が出来て小学生の時に養護学園と同じ城ヶ崎遊歩道のハイキングへ行った時に富戸駅から歩いた事が思い出として残ったからだと思います。
izutetu3.jpg
レイアウト製作では現在の姿を再現したい思いから、建設業での経験を生かして出来る範囲で再現する事にしました。田舎に行くと必ずといっていいほど目につくお墓なども少し抵抗がありましたが、キットで発売されていましたので実物に沿って再現しています。伊豆に行ったような気になりますね。
izutetu5.jpg
ご紹介している画像は第一弾の時に応募したもので、K氏に撮影をお願いした分ですから綺麗に撮れていると思います。
izutetu7.jpg
季節は夏。樹木に覆われた赤入洞橋梁を走行する伊豆急100系。クリックすると拡大します。
izutetu2.jpg
Nマガ59号に掲載されている夜景画像も参考に載せておきますね。
izutetu6.jpg
待ちに待った第二弾の賞金と楯及びプレートが送られて来ました☆
kasaku1.jpg
そして今月の鉄道模型趣味10月号にレイアウト・コンペ入賞作品として応募写真の一部が掲載されております。

おまけ。
TB東海バス バスコレ(トミーテック 事業者限定)導入しました。←遅;;
buscolle1.jpg
トミーテックのサイトをチェックしていたのですが何故か東海バスが無くて気になっていたところへ、時刻を調べる為に東海バスのHPを覗いたところ発見!しかしHPでは既に完売(汗)でしたが運良くゲット?出来ました。
buscolle2.jpg
海岸線区間の135号線に配置する予定です(笑)
buscolle3.jpg
バス走行ユニット対応なので海岸線モジュールは走行出来るようにするか一考の余地がありますね。
伊豆鉄道レイアウト回想録 ブログトップ