So-net無料ブログ作成
検索選択

コンクリート橋梁の製作 [伊豆鉄道制作記3弾]

確認したところでストラクチャーの製作に戻ります。小さな踏切の間に流れる小川に架かるコンクリート製の橋を作ります。以前富戸駅の川奈方向で製作した橋と同じタイプだと思います。
inatori8.jpg
川の水面まで相当の高さがあるように思います。立ち入れる場所からは詳しく見る事ができませんが、このセクションの線路の下地に50mm分のスタイロフォームを敷いています。この高さは線路から海面までのおおよその高さを想定したものとなっている為です(実際は海までの川の高低差もある為に幾分低くなりますが)現地に再度出向き確認したところ、海面まで10m程の高さがありました。縮尺すると67mmになりますが線路から海までの距離を短縮デフォルメしている事から良しとしました。
inatori11.jpg
第一弾の時は橋の形状を想像で作ってしまいましたが、今回は写真資料があるので実物に近づける事が出来ると思います。
inatori10.jpg
余談ですが、この川は普段は水が流れている様子を車内から見る事が出来ませんが雨の日は、しっかりと流れている様子が見てとれます。
inatori15.jpg
線路まわりの状況は、模型でみればコルク道床の勾配部分をカットした位の幅になってます。
izukyu-hasi1.jpg
組み立て方法は、材料に無垢があれば楽ですがプラバンで貼り合わせして組み立てるのが簡単なのでこれにしました。
izutetudou2063.jpg
組み立て図面から、底板t2.0×3枚の6mm厚に変更し側板の強度面から底板化粧板t0.5をH8mmにして3mm分を接着面としました。橋桁パーツは、底板の厚みの変更にともないH45からH44mmで製作しています。また橋桁下部に2mmのパッキンを間にかまして垂直形状から裾にかけて広がった形状に変更しました(実物と同様に)
izutetudou2062.jpg
橋桁パーツはレイアウトに設置するまで接着しません。
izutetudou2064.jpg
塗装後。
izutetudou2065.jpg
所定の位置に仮置きしました。地形製作と併せて川の石垣擁壁を取り付ける予定です。
izutetudou2066.jpg
おまけ。志津摩海岸へ再度取材に行く前に地形製作の準備をしています。

稲取志津摩海岸周辺俯瞰 [伊豆鉄道取材編]

残りのストラクチャーの製作にあたって、レイアウト内に必要となる構造物をピックアップします。クリックすると拡大します。
inatori1.jpg
農家の小屋の周辺にはビニールハウスがありますが、これはトミーテックのビニールハウスを既に購入しています。線路から海側のビニールハウスの向かいに屋根が臙脂色の倉庫らしき建物を見つけました。2月に再度稲取へ行く事から取材して来る予定でおります。これもトタン屋根のようです。
inatori6.jpg
また航空写真下側の幅の小さい方の渓流に架かる伊豆急線のコンクリート橋もこの後制作します。
inatori7.jpg
今回のセクション内には遮断機と警報機の無い小さな踏切も2カ所あります。
inatori14.jpg
こちらも単線架線柱と併せて制作します。
inatori2.jpg
また桜模様のあるトンネル付近には製作した祠とプレハブ小屋がありますので、実際の配置を参考にするつもりです。
inatori4.jpg
こちらは国道135号線沿いの徳造丸の海鮮家の配置です。レイアウトでは北川へ続くトンネルの手前に配置します。また隣にオブジェがありますので、それも取材して来る予定です。下側(海側)の民家2軒についてはスペースに余裕が無い為に青色屋根の日本家屋のみ配置出来るか微妙です。
inatori5.jpg
国道135号線の反対側はコーナーモジュールで再現するかは今の段階では未定です。海岸から見えるヤシの並木は、通販で購入しているので使えそうな物を選んで配置する予定です。(トンネルからヤシの並木はコーナーモジュールに収まります)海鮮家から線路までの間をレイアウトでは短縮デフォルメします。白線より内側がレイアウト全体に収まる部分になります。
inatori12.jpg
参考までに国道135号線のヤシの並木です。

小屋の製作2 [伊豆鉄道制作記3弾]

農家の小屋の塗装の目処がたたずにしばらく放置状態でした(^^;
模型トタン錆表現で検索しても具体的な塗装方法が見つかりませんでした。そこで情景師アラーキーさんの書籍を購入!さすが錆表現や朽ちた雰囲気などどれも素晴らしいのですが、私にもある程度の表現が出来るものなのか? 1/150での朽ちた建物の表現は全く初めて。。。
izutetudou2058.jpg
錆表現(他サイトでもみましたが薄め液で加減したハルレッドの上からクリヤーオレンジを用いる)や仕上げにフラットベースを用いて(吹く量の加減で雰囲気が変わる)なんとか実物に近づけてみました。やってみると面白いですね。このあと雨樋を付けて完成です。続いて伊豆急のプレハブ小屋になります。
izutetudou2059.jpg
プラバンt0.5に型紙をセロテープ固定して切り出しました。
izutetudou2060.jpg
サッシはt0.3で切り出して接着しました。屋根はevergreenのプラシートに0.8×1.5mmのプラ棒を周囲に貼付けています。
izutetudou2061.jpg
塗装後、窓ガラスを入れて一応の完成です。写真で見るとプレハブ小屋の質感が出てませんね。窓にマスキングしてフラットベースを吹いてみるつもりです。またレイアウトに設置する際に実物に沿った細かいパーツを製作する予定です。※小屋の形状は実際とは異なります。

GM製E653系1000番代いなほ(ヘッドマーク付き)導入 [導入車両]

予定していたグリーンマックス製E653系いなほが届きました♪
e653kei1.jpg
動力車が敏感な為、綺麗なLEDライトが暗めになってしまいます。写真は動力車無しにて撮影しています。
e653kei2.jpg
車体カラーが実車のイメージ通りです。他サイトで評価されている通りの完成度です!
e653kei3.jpg
クリックすると拡大します。
e653kei4.jpg
こちらは動力車を含めた7両編成で撮影。走り出してしまう寸前でのライトの点灯具合です。将来的に185系踊り子の置き換え候補になればこのようなシーンも実現するのですが。。。

越前かにを食べに3 [グルメ]

越前かにを食べるならここと決めている民宿おおとくさんに今年も行って来ました。
ootoku1.jpg
チェックインを済ませると新しく出来たレストラン棟でコーヒーのサービスがありました♪
ootoku2.jpg
ここまで来るとちょっとした高級な旅館といった雰囲気です。
ootoku3.jpg
民宿棟の前にあるので浴衣のまま出掛けました。
ootoku4.jpg
東尋坊と雄島の景色を眺めながらのティータイム。別注文ケーキも頼みました。
ootoku7.jpg
ootoku6.jpg
風呂のあとはお楽しみの夕食です。
ootoku8.jpg
水槽の中には晩ご飯に出される特大かにが!
ootoku9.jpg
定番のお刺身。甘くて最高の食感♪
ootoku10.jpg
かにみそしゃぶと脚のしゃぶしゃぶ。活け蟹ならではの鍋。(日帰り漁出来る三国港産ならではです)
ootoku14.jpg
ロシアからの非正規ルートの制限でかに全般が高騰してしまい、ここ越前かにもその煽りを受けてしまいましたね。
ootoku12.jpg
今回は気張って一部献上かにコースも注文。
ootoku12.jpg
シーズンも行きたいところです。

シンゴジラ・フィギュアで遊んでみた

最近忙しい日々が続き製作が停滞しております(汗)
godzilla1.jpg
シン・ゴジラを観てフィギュアも予約していたものです。S.H.MonsterArts GODZILLA2016のクオリティ恐るべし。。。フィギュアなんて滅多に買う機会がありませんが、出来の良さに嬉しくなってサイズは小ぶりの30m級ゴジラになりますがちょっと遊んでしまいました(笑)
godzilla2.jpg
クリックすると拡大します。
godzilla6.jpg
鉄道模型撮影とは一味違う!
gozilla8.jpg
可動部分の多さからあらゆるポーズが可能ですが、精密な分おそるおそる撮影。落としたらまず壊れそうです。
godzilla8.jpg
今回はちょっとふざけてしまいましたね(^^;

TOMIX 583系JR東日本N1・N2編成床下黒色セット導入 [導入車両]

ここ最近JR伊東線伊東駅まで季節臨時列車として乗り入れている583系6両編成が気になっていた矢先にTOMIX HGモデルが発売されましたので導入しました。
itorin1.jpg
HGモデルとはいえ取り付けパーツが多いのが厳しいのですが、説明書に従い全てのパーツを取り付けました。
itorin2.jpg
伊豆急線内まで乗り入れしておりませんが、稲取志津摩海岸トンネルにて。クリックすると拡大します。
itorin3.jpg
河津方向。クリックすると拡大します。
itorin4.jpg
テールライト点灯状況。今年(現在)の編成モデルです。
itorin5.jpg
東北(秋田)〜伊豆方面(伊東)まで運用される事があります。同じく臨時運用で伊東まで運用されたJR東日本E653系いなほ(12月予定のグリーンマックス製、E653系1000番代いなほ)も予約しています。
itorin6.jpg
実車に装着されている連結器カバーが付属していないので、TOMIXさよなら雷鳥485系HGセットに付属していた余剰パーツを取り付けました。クリックすると拡大します。
itorin7.jpg
赤入洞橋梁にて。クリックすると拡大します。

小屋の製作1 [伊豆鉄道制作記3弾]

ストラクチャーの製作を先に進めます。
koya2.jpg
線路沿いに2つの小屋があります。これは農家の小屋のようです。
koya1.jpg
サビついたトタン屋根の塗装次第で雰囲気が出せそうです(^^;
koya3.jpg
こちらは桜模様のトンネル入り口付近にある伊豆急のプレハブ小屋です。大きさはトミーテックのプレハブ小屋に近い感じですね。折角なのでスクラッチしたいと思います。といっても材料(屋根に使う波板)が手元に無いので考えないと!
izutetudou2053.jpg
そこで購入したのが、ノースイースタン製アルミ波板ピッチ0.7mm(山と山までの寸法)です。1/87HOスケールとなってますが、見た感じこれ以上細かいと肉眼では判別出来ないし製品化出来ないのでは!クリックすると拡大します。
izutetudou2055.jpg
実物をイメージしたNゲージサイズの図面をマットフォトペーパーにコピーして製作します。図面では農家小屋の手前側幅を12mmとしておりますが、画像(実物)が4枚の波板を貼っているので2.430mm<柱芯>(推測)となり16〜17mm<壁厚含む>の幅に修正して制作します。※実物の波板の幅は655mmの統一規格となっています。端数の55mmは波のピッチを重ねて設置する為のものです。ここでは長さ8尺サイズを使ったと仮定し小屋のサイズを適当に割り出しています。
izutetudou2056.jpg
壁の型紙を切り出した段階。
izutetudou2057.jpg
実物はもう少し長かったですね。これもレイアウトの敷地が決まっているのでこのまま仕上げます。


海鮮家の製作3 [伊豆鉄道制作記3弾]

材料が届いたので、残りの軒天の梁と柱及び沓石を取り付けました。
izutetudou2043.jpg
店名板はシールを取り付ける予定です。また柱は駐車場スペースに接着固定します。
izutetudou2044.jpg
続いて塗装作業に入ります。まずは屋根にライトグレー色のサフ吹きにその他壁等をホワイト色のサフ吹きで下地を整えました。屋根の仕上げにニュートラルグレー色の缶スプレーしました。軒の色目はGM製の伊豆急ペールブルーが似合いそうです。←淡緑1号にしました。隣はレイアウトに合わせるサイズ(面積)の見本にしたKATO製デニーズです。
izutetudou2045.jpg
軒の樋を忘れていたので取り付けました。
izutetudou2046.jpg
淡緑1号が期待していた色目(銅板の緑青的な色目)より薄い事から仕方がないので伊豆急橋梁色として作っていたものをベースに調合して使いました。軒天や柱をダークグレー系色に塗装後につや消しスプレーしたいと思います。壁パーツは普通のホワイトを吹きました。湿度が高いのか乾きませんね。明日以降の持ち越しです。
izutetudou2048.jpg
軒のコロニアルが派手過ぎたので色目を修正して再塗装しました。
izutetudou2049.jpg
サッシ周りをアンバー色と軒天、雨樋をグレー系で吹きました。サッシ内側に透明プラバンを貼り、沓石をライトグレー系で筆塗りすれば大方の作業は終わりです。いずれ特注シールで装飾を施す予定です。撮影ライトによって色の見え方が変わりますが、実際はこれに近いです。
izutetudou2051.jpg
レイアウト設置時には、駐車場広場を作って建物及び浮いている柱を固定します。
izutetudou2052.jpg
これで一応の完成となります。
izutetudou2054.jpg
出来上がったストラクチャーはレイアウトに置いてイメージを膨らませて行きます。

行ってみたかった宿2 [グルメ]

制作記続きなのでここでネタ変えです。夏休みに伊豆河津の峰温泉に行って来ました。
mineonsen1.jpg
玉峰館です。
mineonsen2.jpg
まさに地温泉でまるで草津にでも来たようにバッカンバッカン!と大きな音を立てて敷地内に温泉が湧き出ています。ここの大露天風呂も清潔で素晴らしかった。
mineonsen3.jpg
手入れの行き届いたお庭。
mineonsen4.jpg
本館から離れに続いている道も雰囲気がとても良い。
mineonsen5.jpg
食事処から眺めたテラス。
mineonsen6.jpg
泊まった離れのお部屋。
mineonsen7.jpg
清潔で気持ち良い。
mineonsen8.jpg
洗面所とシャワーブース。
mineonsen9.jpg
露天風呂付き。この日は台風直撃でしたが温度も申し分ない程の湯加減。
mineonsen10.jpg
お楽しみの夕食。醤油を乾燥させて塩感覚で付けて頂くアイデアが素晴らしい。香ばしいにつきます。
mineonsen11.jpg
日にちが経っているので、メニュー忘れてしまいました。
mineonsen12.jpg
どれも和の素材フレンチ風にアレンジしており、とても美味でした♪
mineonsen13.jpg
ここで口直しにりんごのお酒。
mineonsen14.jpg
お造りは、イサキでした。マハタのお造りもgood。
mineonsen15.jpg
鮑はステーキで。
mineonsen16.jpg
伊豆牛。
mineonsen17.jpg
〆はご飯。
mineonsen18.jpg
デザート。美味かったなぁ。
mineonsen19.jpg
ロビーには巨大なワインセラーも!素敵なお宿でした。