So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

1/80パーツでこだわり抜くという事 [HOゲージ]

秋口予定の3両基本編成をさらにブラッシュアップするために目に留まりそうな部分をさらに磨き上げて行きます。
zug@28.jpg
資料となる画像を見る目も機器の役割を理解していくと変わって来ますね!Zug伊豆急100系キットを改めて一つづつパーツチェック。キットのままでも良さげですが、全く同じ仕様で作っても面白く無いところ。キットでは目立たないCCOS制御回路解放器が省略されている事が分かりましたが、そこまでこだわる必要があるのかは人それぞれの領域だと思います。そこで追加すると効果のありそうな部分、言いかえれば高級なブラスモデルに搭載されていそうな機器を中心に追加したいと思います。
zug@21.jpg
これは前回の3連ジャンパ栓床下用の開いたもので方向転換車妻面側に設置。
zug@22.jpg
クハ、(サハ)の機器の少ない床下こそさりげなく付けたい側面コック。
zug@29.jpg
補助空気溜と併せて設置予定。画像はサロ。
zug@33.jpg
グリーン車サロ184は塗装を取りやめエコーモデル2639窓ガラスブルーを採用。
zug@23.jpg
ブラスモデル搭載同等のエコーモデルのジャンパ栓受け(開)大。車体用B。
zug@35.jpg
工房ひろのジャンパ栓受け(開)小。
製品はジャンパホースを差し込む形状の為、プラキットをそのまま使うか検討中。クモハ103と(クモハ101)にはエコーのエアーホースも前後に取り付ける事から資料通りのスタイルが期待出来そうです。実車音収録によりDCCサウンドも素晴らしいものが完成しMB3110A氏より送られて来ました。
zug@32.jpg
V4 micro用の従来方式と新たにV5 micro用があり、ブラッシュアップされた後者をクモハ101、103、モハ147に搭載する予定。
zug@30.jpg
今時はネットで大概のことは分かる時代でありがたい。
※製作中含めLEDライト類全車両DCC16V対応に見直しました。


nice!(23)  コメント(4) 

鉤外し装置を導入に向けて考えてみた [HOゲージ]

今回はマニアックな内容になります。Zug伊豆急100系製作も半ばを迎えて全体像が見えて来ました。
今月号RM Models掲載の100系は惚れ惚れする出来映え!良い刺激を受けまくりです。私自身ジオラマについてはある程度理解しているつもりですが、車両製作においては殆ど分かっていません(汗)しかしながら最近になってKuma様のクモハ12旧国電車(こちらもRM Models掲載)やサウンド講習会で拝見したキットから製作されたブラスモデルの数々を拝見し、モデルにかける果てしない情熱というか執念を垣間見た気がします。。。
そして車両の屋根はまず目に付く重要な部分。日に日に気になりだしてパンタ周りの配管を勉強といえるものか分かりませんが資料を見ながら順に追ってみました。配管止めも書籍のようにオプションで揃えれば良かったのですが、キット付属のエッチングパーツに含まれていると勘違いしておりまして、すでに作られてしまったので秋口製作分にオプションパーツを使う予定です。
今回模型店に問い合わせた鉤外し装置パーツ。(パンタグラフ上昇)
zug@1.jpg
製品は旧国のものですが、よく見てみるとこのまま使えそうです♪
zug@6.jpg
早速工房に連絡を入れてクモハ101だけでも取り付けて貰う事に致しました!若干の形状が違うと思いますが、ここは雰囲気が十分出せそうなのでセットパーツを使います。
zug@7.jpg
秋口製作分のクモハ113では製品そのままの使用が出来そうです。
zug@14.jpg
大きさは老眼鏡をかけないとまともに見えないサイズ。配線も極細♪
zug@2.jpg
※鉤外し装置はパンタグラフ中央下の細い配線部分になります。
このほかいよいよ沼になりますが床下パーツやジャンパ栓もオプションを使ってより精度のある模型を目指す事にしました。
zug@36.jpg
電磁式鉤外し紐。(紐の役目は不具合でパンタが上がらない時に引っ張る事で鉤が外れてパンタを上げるもの)秋口製作予定のクモハ113と同形式。(先頭伊豆急下田向き)※今回はクモハ101、103、113共に向きは同じ。
zug@9.jpg
こちらは工房ひろ/筑波車輌工業の新性能電車用パーツになります。伊豆急100系にはこちらが合いそうですね(汗)という事で検討中。
zug@12.jpg
別の角度から。製品は逆タイプになります。
zug@10.jpg
碍子はφ0.2の真鍮線と繋ぐと良いみたいですね。
zug@11.jpg
ジャンパ栓3連もロストワックスに間に合えば交換したいところ。しかし形状から国鉄型で伊豆急と少し違うので悩みどころ。
zug@4.jpg
元空気溜。(エコーモデル)
zug@5.jpg
補助空気溜はクモハ113動力無しに取り付け予定。これ全て工房に直送。欲しかった滑り止めの付いてる渡り板は品切れ。秋口製作分は床下機器も見直したいところ。

nice!(27)  コメント(6) 

鉄道模型 TOMIX 113系に高音質スピーカーを搭載してみた [HOゲージ動画]

今回でこの企画も3回目になりますがK氏協力の元、動画を再構成しました。

Zug伊豆急100系の完成時には熱海駅をイメージした動画を作ってみたいですね!

※録音機材説明:SONY D100+audio-technica AT9943を伊豆鉄道レイアウトパネル上に設置して全体音を収録しました。全て模型搭載のスピーカーから出ているサウンドになります。192kHz24bitの高音質モードで録音。

PS)
Zug伊豆急100系キットを現在製作中です。先日発売のRM Models掲載の床下機器について影響を受けましたので、秋口製作分の復活103号車については追加パーツを装着したいと思います。
zug55.jpg
103号車は原型時代から平成7年に冷房改造されています。Zug床下パーツ(もともとは非冷房対象?)に不足している機器を調べていたところ画像からCK冷房接触器が追加されている事が分かりました。←キットに含まれております。ここから先は沼になります(汗)
zug53.jpg
エコーモデルの接触箱Aパーツからいくつか装着します。
zug54.jpg
また秋口製作のクモハ103と113をエコーモデルのDH-25コンプレッサーに換装します。屋根上配管止めもマッハの配管パーツに変更します。
zug52.jpg
床下を黒系で塗装する事からくろま屋の機器標記を貼ります。現在書籍に準じた追加部分を検討中。カツミ製伊豆急クモハ100キット再販されないかな!

nice!(31)  コメント(4) 

第三弾さよならクモハ103特別運転 [伊豆急関係]

製作中のサウンド付きDCC伊豆急100系の音源を求めて最後のチャンスとなる第三弾さよならクモハ103特別運転に参加して来ました。
100kei2.jpg
これで本当にさよならと思うと寂しさがこみあげて来る。。参加した当日は普段ならば活気のある満席に近い盛況ぶり!音源収録としては?マークの付く日に当たってしまいましたが梅雨空が続く週にしてはかろうじて曇り。しかし風がいくらか強い(^^;決して好条件とはいえない中、目的の音源をなんとか収録して参りました!(全席窓が予め開けられていたのが救いでした。)
sound22.jpg
当日の下準備。
sound23.jpg
マイクブームを導入した事によって外部マイク使用時における振動対策と収録環境が改善しました。
100kei4.jpg
1日2便あるどちらかを選びます。当日の運行スケジュールをみると約1時間半の列車旅。車で行った事が功を奏したのか目的の座席をキープ。係の方が気を配って下さり本当にありがたい。先行取材されていた仲間に漏れてしまった音源を聞いていたので今回はそこに照準を合わせて準備しておりました。
100kei3.jpg
記念きっぷなども購入。これでもしも実車が無くなってしまっても無事に模型が完成したらば仲間と運転会をしながら、いつまでも運行当時に思いを馳せる事が出来るでしょう。

PS) 秋口製作のクモハ103号車の屋根上配管止めはマッハのエッチングパーツをそれぞれ使います。
mh1.jpg
φ0.6用。
mh2.jpg
φ0.4用。同様にクハ151とクモハ113にも使います。5両基本編成はキット付属のプラ製配管止めになります。

nice!(19)  コメント(4) 

ROCO CD Railjet 導入1 [欧州HOゲージ]

Lippeより予約していたCD railjet(チェコ鉄道)DCCサウンド仕様の機関車と客車3両セットが届きました。残るは4両セットになります。
cdrailjet1.jpg
改めて見てみると作りが良くてかっこいい!でもこれは息子の分なのですが。
cdrailjet2.jpg
デジタルカプラー装備は他のモデルと一緒。
cdrailjet3.jpg
113系に比べるとやはり長いし、同じプラでも塗装やプリントが綺麗♪これはお値打ちです。4両セットが揃えばRailjet2編成となります。あとで音出ししてみよう。機関車はダイキャスト製。

PS) ECoS2.1のFirmwareを最新にUpdateしました。
ecos4.jpg
これによりLokSound V5.0に対応出来るはず。※私のところではnameはLokSound V4.0となったまま。


nice!(32)  コメント(8) 

OPEN SOUND DATA 第四弾 MT54 国鉄近郊型v1.1(仮)2 [HOゲージ]

予定通りK氏協力の元、動画を再度撮影いたしました。

湘南色113系と同時走行シーンまで撮影を終えましたが、時間的都合でスカ色のみの公開になりますm(__)m
SONY D-100 LPCM192kHz24bit AT9943駅上部伊豆鉄道パネルよりサウンド収録。


nice!(21)  コメント(6) 

OPEN SOUND DATA 第四弾 MT54 国鉄近郊型v1.1(仮) [HOゲージ動画]

この度『電気屋の毎日』Yaasan様よりオープンサウンドデータ第四弾MT54国鉄近郊型の試験的データをお預かりしたので許可を頂き113系のイメージ動画を作りました。
私個人での撮影のため素人まんまの出来ですが、夢にまで見た113系のサウンドですから大感激です。この気持ちを皆さんにもお伝えしたくて動画にしてみました。MB3110A様製作の実物の動きと連動したサウンドがこの上なく素晴らしいです!湘南色113系とスカ色113系とで差をつけてあります。
製作記通りのサウンドです。実際に聴いているとスカ色の方が113系らしい軽やかな音色です。湘南色の方は幾分重厚感が増して115系に近い印象を受けます。

iphoneXにて撮影していますが、近くで録音すると音質の良さが伝わって来ます。音量に注意して聴いてみてください。(テスト段階のため音楽が流れておりますがご了承願います)




nice!(25)  コメント(8) 

113系のDCC化下準備2 [HOゲージ]

YouChoos(イギリス)より決済から8日間でスピーカーが届きました。
113dcc14.jpg
低音再現と搭載のし易さから、'YLR-302815'(出力2W8Ω)を選びました。ESU'50333'φ28(出力1W〜2W4Ω)と比べて重量があって驚き!
113dcc12.jpg
天井までのクリアランスを稼ぐ為、シート手すり部をカットしてオプションのBlack Tackで固定。
113dcc13.jpg
結果室内灯との隙間4mmに設置。
113dcc15.jpg
室内は犠牲となりますが、今回は音質重視で行きます。
113dcc16.jpg
そして今回DCCサウンド化する湘南色の方はテストを兼ねて'YLR-603010'(出力3W8Ω)を搭載する事に致しました。いつか戻すような事があればシートパーツを取り替えれば良いかなくらいな気持ちで背もたれや手すりはシート上面に合わせてカットしました。磁石が強く床下パーツにくっ付いてしまうので、SP下部全面にオプションのブチルゴムを貼って対処しました。
113dcc17.jpg
こちらは天井まで十分なクリアランスがとれました。
113dcc18.jpg
スカ色と湘南色の設置状況。(結果的に音響的にはこの差は感じませんでした。)

続いてはクハのDCC化。ここからは『The Nameless City』のNardiさんの製作記を参考に作業しました。https://www.namelesscity.tokyo/2019/06/tomix-113-1500dcc.html よって同様の作業になります。
113dcc19.jpg
実は数日前に諸先輩方の制作記を見様見真似で作業した結果FL12を一つ燃やしてしまいました(汗)電気の事はほとんど分かっていない危うい作業でした。Nardiさんの製作記を拝見して解釈の間違った部分が分かってFL12の使わない片側全体を絶縁テープで覆いました。燃やした原因は裏側(使わない側)の端子に電気クリップで挟んだままテストした際に発生。
113dcc21.jpg
私のはクリップ両側が導通するタイプ。これが片側のみ導通の便利タイプがあるのを後で知りました。
KATO FL12ヘッド、テールライトデコーダも取り扱いには簡単とはいえ注意が必要ですね。
113dcc20.jpg
続いてクハ室内の加工もNardiさんの加工の真似です。配線をシートパーツ下に隠そうと思いましたが、きついので配線だけは室内に這わせる事に致しました。
113dcc22.jpg
まずはこれを4両分。赤・黒配線も平行に付ければ穴に通しやすかった。
113dcc24.jpg
FL12設置後。
113dcc26.jpg
スコッチ3Mの導電性テープを使いました。
113dcc25.jpg
Powerpack miniの接続する端子の違い。
113dcc23.jpg
LokSound V4.0 microとPowerpack mini搭載。トータルバランスで私的に気に入った'YLR-302815' 2W8Ω。(室内を犠牲に出来るのならば113系はこちらのSPがオススメに入ります)
marutsu1.jpg
国内購入だとマルツで同じものが手に入るようです。
marutsu2.jpg
これは良心的な価格っていうかまとめ買いすると安い。(Digi-key正規代理店)
113dcc27.jpg
V4、V5とも走行系が反対だったのでNardiさんの方法を試します。LokProgrammerがあればこれでバッチリ!アドバイス感謝ですm(__)m
113dcc25.jpg
LokSound V5.0 microはLokProgrammerを最新版にアップロード。ソケットとの接続が緩いので抜けてしまう事から絶縁テープで貼り付けています。これでひと段落しました。音質を左右する高音質SPなので自分好みが見つかるまで試してみたいですね。

https://www.digikey.jp/ja/supplier-centers/p/pui-audio 鉄道模型SPメーカー
https://www.namelesscity.tokyo/2019/06/MouserSpeaker.html ←実際に購入されたNardiさんの記事にGO!

TOMIX HO DCC ExpBoard 予定品
http://powerele.sblo.jp/article/186137111.html
これがあればDCC配線が楽になります。ぜひ欲しいアイテムです。


nice!(30)  コメント(6) 

オープンサウンドデータの第四弾サウンド&8/31イベント [オープンサウンドデータ]

このほどYaasan様のブログにて告知された『オープンサウンドデータ第四弾サウンド』公開と付随するイベントがホビーセンターKATO東京店(総本山)2階にて8月31日(土)にて13:00〜17:00まで開催するとの事! 113系やオープンサウンドが披露される模様です。この機会に覗いてみるのはいかがでしょうか。

http://powerele.sblo.jp/article/186062406.html ←詳しくはこちらをクリック。

私も間に合えば『とある模型』を持ち込んでみようと思っているところです。
夢にまで見た113系サウンドが無償で手に入るチャンスです♪
ついに鉄道模型もここまで来たか!という事に今から楽しみです。

PS)
ice4.jpg
KATO ICE4届きました(^^;
fl12.jpg
New FL12(ヘッド、テールライトデコーダ)←KATOレムケ製品では無い為間違いです。 旧製品と比較。

@.jpg
おかげさまで160万アクセス突破しましたm(__)m


nice!(22)  コメント(10) 

113系のDCC化下準備1 [HOゲージ]

MB3110A様の素晴らしいテスト動画を拝見しました。(←前回更新分の一番下に追加)いつかは113系NゲージならびにHO(16番)ゲージにサウンドを導入したい思いで今までやって来ました。ESU LokSound V4.0microからLokSound V5.0microに移行する時期と重なって、どちらでも対応出来るようにESU 8-Pinコネクター 51950を下準備としてモハ112M車に設置する事にいたしました。
113dcc1.jpg
Powerpack miniはどちらにも使えますし、搭載するスピーカーについては手持ちのφ28含めて種類も多い事から好みに合ったものを見つけるのも面白そうです。
113dcc2.jpg
湘南色1両とスカ色1両を加工しました。8-Pinコネクター配線は適当な長さにカットして使いました。
113dcc3.jpg
ちょうど『DCCで楽しむ鉄道模型サウンド応用編』にTOMIX HO 113系の搭載方法が載っていますので内装シートパーツに配線の穴を開け、配線が当たりそうな下部をカットしました。
113dcc4.jpg
最近の113系にはモーターのアナログ用のコンデンサが搭載されているので撤去しました。
113dcc5.jpg
モハは走行系だけなのでモーターとレール配線のみで済ませています。室内灯は制御しません。モーターは床下側に穴が2箇所開いているところからマイナスドライバーを差し込んでモーターを浮かすようにバラシました。画像の配線は、モハ112パンタ側左進行方向がFWDになります。レール配線赤、黒を逆に配線すれば右進行となります。(ヘッド、テールライト点灯状態に合わせます)※書籍にあるレール配線を逆に配線しても向きは変わりませんでした。モーター配線を逆に配線するのか後でテストするかもしれません。あしからず!
113dcc6.jpg
クモハ12同様にポリイミドテープなどの絶縁テープでモーターと集電板を完全に分離しショートしないよう慎重に作業しました。走行テストして下準備が終わりました。
113dcc7.jpg
サウンド搭載が目的なので通路扉窓は両側とも外しました。
113dcc8.jpg
この際ATS標記も貼り直しておきました。
113dcc9.jpg
KATO FL12(予約済み )入手次第、クハのDCC化に取り掛かります。

※DCC初心者なので作業手順が間違っているかもしれません。

113系の室内シートパーツの形状から検討しているスピーカー2種。
youchoos1.jpg
ESUのφ28の他にYouChoosの赤丸の付いた低音再現可能な箱型タイプ。幅30mm以内であればシートパーツ加工の上設置可能。
ho391.jpg
このため近郊型電車11両編成対応ヤード2線を作りました。ヤードへの支線にはR5曲線以上(r=542,8mm)一部R6(r=604,4mm)を使いました。
rail1.jpg
ここで3社の比較。(ROCO LINE with beddingを採用した訳)
rail2.jpg
堅牢な作りのエンドウレール。ROCO LINE with beddingも丈夫な作り。縦、横方向も硬質プラでガッチリ補強している。この2社は金属製車両メーカー。KATOはプラ製専門車両メーカーの為か、補強無し。
ho392.jpg
TOMIX取説によるとR600mm(R6)以上となっており心配でテストしましたが、結果はR5でも連結面にまだ少し余裕があり問題ありませんでした。

※TOMIX取説はR600以上と書かれているのに対してホームページではR490通過可能と記載されています。


nice!(26)  コメント(4) 
前の10件 | -