So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オフ会での収穫 [走行会]

今回のオフ会は2年ぶりに我が家での開催となったのですが、集まったメンバーは木こりさんご夫妻とGutさんにKさんという欧州HO、DCCに興味のある方々という事もあり前日より1Fリビングに組み立て式フロアーレイアウトを設置して、前回のテスト運転で片渡り線(選択式ポイント)を長編成列車が跨いだ際に発覚したショートの問題を解決する為に全てのポイントを全通式配線に変更しました。全通式にするとスプリングポイントとなるのでDCC運転には向いているといえます。本番走行ではショートやサウンドの途切れも無く全車両ともまずまずの走りを披露出来てホッとしました。運転自体に不慣れなのは日頃の運転が出来ていなかったので仕方がないですね。DCCサウンドを皆さん堪能されたあとはロフトに移動してGutさんが持参したNゲージ車両を鑑賞しました。
off1.jpg
スイスとオーストリアの快速列車。off2.jpg
OBBの機関車!ROCOからHOで発売中の車両ですね!
off3.jpg
派手なカラーが緑とマッチ。
off4.jpg
スイスのこれ、欲しい車両です。ここで欧州HOレイアウトもここでやれたら移動せずに楽なのにと告げると皆さんからアドバイスが!次の日に早速次期計画を遂行する為のオーディオボードの移動を決意(笑)
off5.jpg
ロフト奥の納戸にそっくり移動させました。
off6.jpg
その結果1.200mmのスペースを確保。これならばROCOレールを使った複々線のヤードと駅を作れそうです。
off7.jpg
Nゲージレイアウトの方をオーディオボード分寄せたところ。
off8.jpg
これで新規レイアウト制作中でもフロアーレイアウトでいつでも好きな時に運転出来ます。オフ会で一日中クリーニング無しで運転していた事もあり、レールにかなりの汚れがありました。駅出口にあるポイントのみ走行に問題無かったので選択式のままなのですが、トングレールの接点にスパーク痕が酷くこびり付いてました。(選択式配線)
off10.jpg
全通式に配線後。(非選択式配線)
off11.jpg
車両についてもメーカー別に興味深い結果が出ました。ここでもESUが突出して汚れ難く素晴らしい性能を発揮し、次いでROCO、BRAWAとTRIXと続いてデコーダ後付け搭載したPIKOは汚れが突出して著しく次の日は頻繁にサウンドが途切れてクリーニング無しではまともに運転出来ませんでした。これはあくまで所有している車両の私的感想です。今後はESUとROCO中心に考えたいと思います。
off9.jpg
オフ会前のレイアウト。

導入予定のSBB車両。
roco.jpg
73255 - Electric locomotive Re 4/4ˡˡ, SBB DCCwithSound(ROCO)

フロアーレイアウトイメージ。


ROCO LINE with beddingも対応しているMac対応のレイアウトプラン作成ソフト。
http://www.railmodeller.com/home-railmodeller.html(RailModeller pro)
OSX10.10以降〜
roco-line1.jpg
購入後に使用した感じは商品展開が分かりにくいROCO LINE with beddingレールの組合せが理解出来そうです!最初はポイントやダブルスリップレールに端数レールの組み合わせ方などいくつかのパターンを作ってみます。
DCCモジュールプランとしては、プラットホーム4〜5番線規模Freiburg中央駅モチーフ(ICEと在来線)を奥側に設置し見通しを良くして手前側に留置線と機関区を配置する予定。←まだ構想段階の為未定。
plan1.jpg
これの複々線をイメージ。駅、ヤードモジュールの奥行きを600mmとする予定。
lippe.jpg
※今回の記事中のSBB機関車類をLippeにてポチッてからなんと4日で、川崎東郵便局に到着した!最速となるか。
lippe.jpg
結果的に通関業務で2日かかって7日かかりました。またRe420機関車のヘッド、テールライトが片側のおよそ半分が点かないという初期不良品でした。連絡を入れたので着払いで送り返す事になりました。


nice!(27)  コメント(4) 

nice! 27

コメント 4

Nardi (The Nameless City)

先にGutさんのブログで拝見させていただきましたが欧州のモデルも違和感なく溶け込んでますね!
1/160と1/150とスケールの違いも気になりませんね。
そして情景豊かなNのレイアウトの下にH0 DCCレイアウト!良いですね~。
私もそのうちH0の上にNの簡易レイアウトを作るかもしれません。
by Nardi (The Nameless City) (2018-05-28 14:48) 

JR浜松

Nardiさん、こんにちは。

鮮やかなカラーと緑のコラボって似合いますね。
欧州モデルの小型の機関車がフル編成を牽いて勾配を上るの2%でも車輪が空転しながら懸命に走る姿がリアルでした!
さきほど伊豆鉄道の下にフロアレイアウトを収めてテスト走行していたのですが、2線式ならではのレールの汚れが思いのほか強烈でした!昔のNゲージDCCレイアウトの線路クリーニングを思い出したくらいです(昨日は快調でしたが、半日以上サウンドを付けっぱなしに近い状態で運転していました)
複々線のレイアウトを制作するつもりでしたが、過去の教訓から複線までにして、ヤードとICEのプラットホームを設置する事にしようと思っています(^^。
やはり2段式レイアウトはスペースの節約になりますね。

by JR浜松 (2018-05-28 19:24) 

Gut

おおおっ!
仕事が早いですね。
しかも思っていた以上にスペースが確保できますね。
これならダブルで遊ぶのも夢じゃない。
by Gut (2018-05-29 03:19) 

JR浜松

Gutさん、お疲れさまでした!

とても有意義な一日を過ごす事が出来ました。有り難うございました。
次の日のお休みを無駄に出来ないので、一気に片付け設置まで済ませました。これでレールとガイドブックが手に入ったらいつでも着手出来ます。手前のオープンスペースに幅600mm弱の機関区とヤードと駅が作れそうです。
by JR浜松 (2018-05-29 18:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント