So-net無料ブログ作成

Horrem中央駅の製作2 [DCC専用欧州型モジュール製作]

続いては駅舎の広場を作ります。
ho275.jpg
今回は実物の画像を参考に塗装しました。色選びが苦手です。
ho276.jpg
ラインとなるニュートラルグレイ(エアークラフトカラー)の上にベースとなるインシグニアホワイトを塗れる事から塗装作業が楽になりました。
ho277.jpg
塗装後、FALLERのパーツを取り付けてかさ上げしました。
ho278.jpg
全体の雰囲気です。
ho279.jpg
仕上げに駅舎に同梱されているパーツで実物に近づけます。
horrem.jpg
多数のLED照明。
ho279.jpg
FALLER別売りのパーツがあれば設置しようと思ってます。
ho280.jpg
この続きはモジュールに設置してからの予定です。

導入予定のアクセサリー。
faller1.jpg

faller2.jpg

faller3.jpg
(FALLER)

point1.jpg
ポイント分岐器2個入り(WEINERT MODELLBAU)

nice!(14)  コメント(6) 

Horrem中央駅の製作1 [DCC専用欧州型モジュール製作]

引き続いて駅舎の台を兼ねたプラットホームならびに広場を作ります。
ho271.jpg
材料の無駄を無くす為に全体のバランスとカットサイズを調べています。駅舎のある5番線から3,4番線へのエレベーターは場合によっては駅舎内にあるという想定にするかもしれません。
120297.jpg
FALLER10月発売予定のエレベーターは5番線に使えるか検討中。(ICEプラットホームおよびSバーンプラットホームには設置)
ho272.jpg
使う材料です。FALLERのキットが床板1.5mm厚対応なので0.5mmのプラバンの上にタイルシート1.0mmを並べます。
ho273.jpg
タイル目地を揃えながら製作。プラットホームは色をモダンプラットホームに合わせるので目地は合わせませんでした。
ho274.jpg
プラットホーム塗装後。欧州製品なので合う色を探すのも冒険です。私なりにたどり着いたのはベースがMr.COLORの315グレー米海軍標準色と白線(ファインサーフェイサー)とTAMIYAカラーのXF-84ダークアイアン。
つづく。。。

nice!(21)  コメント(6) 

Horrem中央駅舎の製作5 [DCC専用欧州型モジュール製作]

駅舎自体は電飾作業で終わりとなります。引き続いて駅舎を載せるプラットホームと周囲の製作までやる予定です。
plan1.jpg
駅舎周辺の製作は伊豆鉄道レイアウトの台の関係でとれるスペースが決まっております。狭い敷地ですが向かって左側はバス停(プラットホームからも続いている)を作り雰囲気を出せそうですね。電飾はバス停くらいにします。このキットには電灯と案内板のようなものが付属しているので要は作れという事ですね(笑)
ho256.jpg
まずは配線を通す為の加工です。実物に合わせるので3mm砲丸型LEDを2個ショップ内に設置します。屋上はいずれフィギュアを設置するので取り外せる事を前提としてます。
ho257.jpg
FALLERモドキ(笑)、チップLEDはそのままでは設置が難しいのでプラバン0.5mm厚でオプションの真似をしました。穴の印は現物合わせです。
ho258.jpg
白色5連タイプを4セット製作。それと白色3連チップLEDと単品を組み合わせて4連タイプを1セット製作しました。
ho259.jpg
こんな感じにまとめました。固定には全て瞬間接着剤を用いてます。
ho260.jpg
ダウンライト3箇所からサッシ配線をひっぱりました。
ho261.jpg
駅舎内部のダウンライトとサッシには5連電球色を使いました。
ho262.jpg
ショップ内LED電球色設置状況。
ho263.jpg
ここで点灯テスト。芝生が透けてますね(笑)
ho265.jpg
内部ダウンライトとサッシ照明。FALLERの製作例と同じ。色目は実物に合わせました。
ho266.jpg
バラストを修正したところで撮影。外部ダウンライトは白色。
ho267.jpg
待合スペースも電飾するとよく見えますね。ペントハウスは3mm砲丸型LED電球色に拡散キャップを付けて1個設置してます。取説だとチップLED2個の指示です。
ho268.jpg
プラットホーム側。モジュールに設置するとこちら側がメインになります。
ho269.jpg
クリックすると拡大します。このキットおすすめです!
ho270.jpg
バラスト修正後。
つづく。。。

nice!(17)  コメント(8) 

Horrem中央駅舎の製作4 [DCC専用欧州型モジュール製作]

屋根が終われば実物の画像も参考にしながら作業を進めるだけです。最後の詰めで何故か取説の方はお化粧となるDBマークや駅名板の位置が実物と明らかに違う位置に付けられています。私は実物通りにしましたがこの辺は好みによって付ければ良いようですね。
ho254.jpg
太陽光パネルやペントハウスやサッシ等は電飾作業があるのでまだ接着してません。キットのカット跡は同色でタッチアップしてます。(壁:TAMIYAジャーマングレー、破風板:NATOブラック、その他:ライトグレー)やらかした自動ドア前にフィギュアを設置して隠します。
ho255.jpg
HOサイズだけに存在感十分です!
つづく。。。

※Modelbahnshop-Lippeより初期不良品の交換分が本日送られて来ました。
lippe21.jpg
海外なので時間がかかりますが、送料は勿論全てLippeが負担してくれました。
lippe22.jpg
2重梱包で送られて来ました♪
lippe23.jpg
正常に作動するのを確認して一安心です。前の機関車に続き2回目の交換となりましたが、全くを持って国内で購入するのと変わりませんね。(英語は中学生レベルあれば大丈夫です。)

nice!(16)  コメント(10) 

Horrem中央駅舎の製作3 [DCC専用欧州型モジュール製作]

FALLERのような外国製品は製作を進めて行くと予期せぬ別売りのオプションパーツを組み込むパートがいきなり出て悩む事が多いです。
ho249.jpg
この小さな四角の穴はパーツを差し込むものではなくて別売りのLED照明を照らす為の穴でした!しかもその殆どは軒天井のダウンライトを演出するものです。
ho250.jpg
オプションをLippeで調べると電源まで含めて2万以上かかる事が分かりました。これをマイクラフトのLEDパーツに代用して組み込むべきか悩みます。屋根外回りまで照明に拘るべきか。。店内待合室天井のダウンライト3灯だけにするか。。
ho251.jpg
バラストパーツとしていたのにはやはり理由があったんですね。てっきり雨漏り対策だと思っていましたが、疑問もあったのでスッキリしました。
ho252.jpg
さてどうしようか!?
horrem1.jpg
著作権のからみがあるかもしれませんが、夜の実物の画像です。これを見てしまうと設置する方向で行くしかないな。
horrem2.jpg
また駅舎のホームはFALLERを使うのが妥当なのか?
horrem3.jpg
ついでに内部。センス良いですね♪
horrem4.jpg
全体の雰囲気1。
horrem10.jpg
2。周囲はプラットホーム高さをレベルとして整備されてますね!
horrem-st.jpg
モジュールでも嵩上げしよう。
horrem11.jpg
FALLERを上手に仕上げた製作例を見つけました。
horrem12.jpg
私は白色と電球色を使って頑張ろう!
ho253.jpg
もう一つモダンプラットホームを使って足りない部分にプラバンを使うか検討中です。
ever-green1.jpg
悩んだ答えはエバーグリーンのプラシートを塗装に決めました!モダンプラットホーム(1.5mm厚)のタイルの大きさが"4514"タイル浅溝タイプ3.2角と同じでした。厚みが1mmなのでプラバン0.5mmを貼り合わせて対処します。

余談として。
higasiyamata.st.jpg
地震国日本の機能美として横浜市営地下鉄グリーンラインの東山田駅の画像も載せてみました。
つづく。。。

※先日コメントを頂いた方へ。少し時間が開いてしまい申し訳ありませんm(__)m
coment1.jpg
せっかくのコメントをくださり大変光栄に思いますし、ありがたい限りです。一度日本語で代理人の方へご返信させて頂きました。コメント欄に残していたのですが、このままにしておく訳にもいきませんのでこちらに載させて頂きました。よろしくお願い申し上げます。

nice!(18)  コメント(8) 

Horrem中央駅舎の製作2 [DCC専用欧州型モジュール製作]

車両の加工が一段落したので駅舎の続きになります。本棚や冷蔵庫を作り終えたのでアクリアンカーボンドで固定しました。
ho240.jpg
一階内部はこれで出来上がりのようです。家具は多少アレンジを加えてカラーの違うパーツを組み替えてます。(良いか悪いかは置いといて)
ho241.jpg
ボンドで汚してしまった自動ドアに券売機などを置いて誤魔化す作戦にします。さて次は屋根の製作になります。
ho242.jpg
いつもながら分かりづらい説明書を解読(笑)付属のビニールシート2枚を使ってバラストを固着する時に使うSUPER FIX(木工ボンド水より格段に優れた)による下地保護をします。切り込みを入れてバラストが固まった際に剥がします。周囲も取説通りにはいかないのでマスキングしておくと綺麗に仕上がります。
ho243.jpg
2〜3倍で薄めたSUPER FIXをひたひたに塗り、バラストを撒いてさらにスポイトで全てのバラストを濡らすように垂らしました。筆で平らにならして薄いところに再度撒いてます。24時間の乾燥が必要ですが、マスキングテープと真ん中のビニールシートは固着する前のタイミングをみて剥がします。
ho244.jpg
Super Fixは固着が早いです。時間切れなのでちょい早いですが剥がしました。太陽光パネルを設置する前にバラストを修正します。
ho245.jpg
22時間後の状態。これがEパーツとなります。厚紙を保護する目的でビニールシートがあるのかと思いきやこの薄いペラペラしたプラシート自体がバラストの下地でした!プラシートと厚紙パーツはもともと接着が効かないのでそのまま難なく剥がせました。プラシート同士を接着するには無理があるので厚紙の上で仮止めして良かったです(笑)

※ここの作業は私が勘違いしている部分です。プラシートを2枚合わせて取説通りのサイズが出来たらば平な場所に養生し(ビニールを敷くなり)移動してバラストを固着して下さい。私のような補修部分が無くなり、綺麗に仕上がります!(取説通り)
ho246.jpg
説明書によるとこれがHパーツとなり、この上にこれから製作するGパーツを貼り合わせます。バラストは使い切らずに補修用に取って置いて正解でした。
ho247.jpg
向きに注意して糊で貼り合わせます。濡れると反り返るので書籍などで重しをして放置。なんだか自分自身の講座みたいになって来た(爆笑)
ho248.jpg
先が見えて来たところで時間切れ。

※万が一解釈を間違えていても責任は取れませんので、やられる方は自己責任でお願いします。
つづく。。。

nice!(20)  コメント(6) 

予約車両の整理2 [欧州HOゲージ]

2018年後半になりましたので予約済みの車両を再度整理しておきます。(衝動買いを避けるため)
ice1-11.jpg
Fleischmann ICE1型。エルマートレインさんより丁寧な梱包で届いた中間客車4両を組み込んで撮影。
ice1-10.jpg
下記にある1形式でコンプリート!7両編成にすると1.900mmとなり新モジュールの駅になんとかギリで収まります。8両にした場合2.200mmとなり待避線内には収まります。
ice1-12.jpg
その後付属のカプラーを取り付けました。実車を調べてカプラーの装着側を確かめました。中間車は1:93.5スケールで284mmとなっています。(先頭車は1:87)
ice1-13.jpg
先頭車500番台(奥側)から1等車アンテナ付き、1等車、食堂車、2等車サービスカー、2等車、0番台先頭車(サウンドデコーダ搭載)
2018.jpg
予定が大幅にずれ込んだBRAWAのダブルデッカー2両。(今のところ年末予定)
kw39-6.jpg
IC客車6両。ROCO製2018/KW39(10月)
kw36.jpg
SBB タンク車2set(4両)ROCO 2018/KW36(10月)
kw37.jpg
SBB タンク車2set(4両)ROCO 2018/KW37(10月)
2018.jpg
Nightjet3両L.sMemoba97024(未定)
2018.jpg
ICE1型中間2等車1両(未定)
2018kw35.jpg
BLS Cargo Vectron Re475 411-5 ROCO 2018/KW35(9月)
12.jpg
BR193DBAG Lippe model ROCO 2018/12月
matu .jpg
BR103 TEE ESU 2018/12月
この他にBR112TEEと客車4両セットTRIX(8月)

nice!(17)  コメント(8) 

LS Is97021 OBB "Nightjet" 6-teilig Memoba 導入 [欧州HOゲージ]

初めて予約購入したMemobaから本命のNightjet客車6両スペシャルセットが無事に届きました。
memoba1.jpg
オーストリアポストから発送、新鮮です。
memoba2.jpg
綺麗に梱包されてます☆
memoba3.jpg
Memobaスペシャルだけのダブルデッカーが2両含まれてます。これ希少価値が高いようです。
memoba4.jpg
超精密なLSmodelにしてはこれまた嬉しいプライス。CP値メチャ高そうです。結局およそ100セット限定商品みたいになってしまったようです。Railjetの二の舞になりたくない思いから受付開始早々に予約。
memoba5.jpg
マニア向けだけありフタを開けるごとに楽しい。
memoba6.jpg
ESUの梱包に似ている!
memoba7.jpg
1段目。素晴らしい♪
memoba8.jpg
2段目はダブルデッカーが!
memoba9.jpg
初めてのLSmodel。プラ製ですが今までと作りが違う!!
memoba10.jpg
床下機器もイカシテル。
memoba11.jpg
走行性能も良さそう。心配していたR2(R358)を通過可能。これならば内回り線も問題無いです。室内灯は別売りなので探さなければ!
入線の続いているこのタイミングでICE1型も入荷されたとの連絡がありました。夏場は重なる事が多いのでしょうか。そろそろSebnitzにTRIX製DCC搭載BR112TEE色とmAR限定<大型店舗や選ばれなかった模型店では購入出来ない特別な措置>DCC搭載TEE客車Rheingold4両セットも入荷しそうです。(本命級ばかり)思えば私の初めたタイミングに欲しくなる車両が次々と予定された感じ。来年は慎重に行こう(^^;
つづく。。。

nice!(13)  コメント(10) 

Re460 048-2 Railaway DCCwithSound 73282 ROCO導入 [欧州HOゲージ]

LippeよりRe460 048 Railawayが届きました。このDCC版が少数生産だったのか?入手出来たのは幸運でした♪
re460-1.jpg
Nardiさん(https://www.namelesscity.tokyo/)からその理由を教えて頂きました。スイスのモデラーは3線式が殆どで売れ筋のスイスをターゲットとしているという。DCC愛好者はそれに比べて少数なのでしょう。しかしすぐに売り切れというのも困りますね。
re460-2.jpg
今回は問題なく登録出来て一安心。最高運転速度は200Km、設計最高速度は230Kmだそうです。あとで付属パーツを取り付けます。
re460-3.jpg
う〜ん、格好良いですね。フェラーリで有名なピニンファリーナのデザインなんですって♪このあと導入予定のNightjet97021Ls.Memoba特製6両セット+3両セットもTaurus1116と同様にRe460で運用する予定です。(実際に牽いているようです)

iphone Xによる4Kテスト撮影。
ho239.jpg
Weinert Modellbauのポイント分岐器を買ってみました。1setに一つしか入ってないんだと20setくらい買わなくてはならない(汗)気に入った動画と同じ感覚で作ろうとすると大変ですね(笑)
re460-7.jpg
パーツ取り付け後。

nice!(17)  コメント(8) 

Horrem中央駅舎の製作1 [DCC専用欧州型モジュール製作]

デジタルスイッチドライブ(ROCO Line with bedding ポイントをDCC化する製品)を入手するまでに駅のストラクチャーを先に作ります。
ho234.jpg
FALLERの駅舎の中で時代設定が現代のHorrem駅舎をModelbahnshop-Lippeのおすすめもあって選びました。(ICEプラットホームに合う駅舎はどれが良いか?質問した答えが)
ho235.jpg
パーツを一通り塗装。外壁は手元にジャーマングレーがあり元のパーツとピッタリと合いました。
horrem1.jpg
FALLERの製作例1。
horrem2.jpg
駅ホームの上に載せる格好になるので駅舎出入り口方向は丘のような地形にするのが自然のようですね。今回のモジュールだとほとんど見えませんが作る予定です。
ho236.jpg
組み立て図面だと向きが伝わらない部分があるので画像も見ながら作業しています。自動ドアの向きを間違えて汚してしまいました。フィギュアを設置して隠すとしますか。
ho237.jpg
箱型まで作ったところで時間切れです。
ho238.jpg
今年はお盆休みをとっていないので毎夜少しづつ進めています。
つづく。。。

nice!(19)  コメント(10)