So-net無料ブログ作成

レールの敷設1 [DCC専用欧州型モジュール製作]

ECoS2.1にてポイントのアドレス設定が完了したので、モジュールレイアウトの製作に戻ります。
ho361.jpg
国産レールと根本的に作りが違ってDCCに対応したROCO LINE with bedding はポイントも非選択式であって加工する必要がありません。スプリングポイントやNardiさんから教えていただいたFrog Juicerでショートする事も無いようです。付属の型紙を使って印を付けてゴム製道床をハサミでカットして線路を繋いで行きました。
ho362.jpg
メインの駅モジュールから作って行きます。レール単体で見ると道床が広すぎる感が否めませんが、並べて行くとカタログにあるような質感が出て来ます!
ho363.jpg
一通り並べてレールの位置決めをしてビスで要所を固定していくのですが、Frog Juicerの配線も平行しての作業となるので思うように進みません。
ho364.jpg
プラットホームとの微妙な位置決めをする為にストラクチャーも仮に設置します。端から眺めると線路がグニャグニャ曲がっているのがよく分かりますね。端から修正して行きます。
ho366.jpg
ROCOのレールは初めてですが、想像以上にリアルで良い感じがして来ました。画像を見て気付いたのは内回り線から外回り線の片渡り線をプラットホーム端辺りに設置すると雰囲気が出せそうですね。←(右側通行も想定しているので保留。ICEは原則外回り線を走行予定。単線プランを並走して複線に見立てております。)クリックすると拡大します。
そして追加のヤードプランが出来上がりました。
ho367.jpg
台内側寸法ギリギリです。イケヤなどのLED照明器具を貼り付けます。FALLERの車両洗車機はこのパネルに付けることにしました。DBAG軽油給油所もこちらにします。←パネルを設置してみて配線や線路を固定する事は厳しい事が分かり洗車機と給油所は駅モジュールに収めます(汗)駅モジュール以外のパネルはストラクチャーを適当に飾りとして置くだけにします。
ho368.jpg
現在追加のシナランバーとレールを手配中です。
ho369.jpg
駅舎側の手前3線は、ICEやRailjetなどの長編成も留置出来ます。
ho370.jpg
シナランバーパネルを設置後。前回のフロアレイアウトでは全てのパネルにレールを固定しましたが、今回はお座敷レイアウトのようにレールを並べるだけにします。オールDCC制御ならではの配線無し(ヤードの入り口と駅モジュールは給電)として作り込みは当面しない予定です。(駅モジュールのみ製作)
さてここでROCO LINE with beddingの性能をグレードUPしてくれる『Hex Frog Juicer』の出番となります。
https://www.namelesscity.tokyo/2018/07/frog-juicerroco.html(リンク先のNardiさんによる詳しい配線方法を貼らせて頂きました)私自身もこれを参考に取り付けて行きます。
ROCO LINE with beddingポイント裏側にある黒色のフログへの配線(給電)をはずして(簡単に引き抜けますし繋げば元に戻ります)Frog Juicerに繋いで管理させます。説明文にある通り黒線を外した段階でスプリングポイントとなりますから駅から出発の際にポイント切り替えしなくても問題が減るので運転がさらにし易くなります。来年末発売予定のROCO class 333,DB入替用スイッチャー小型ディーゼル機関車(予約分)← ESU V60発表によりキャンセル保留。
roco24.jpg
などの車軸間(車ではホイールベースに相当)の短い車両や
esu@.jpg
導入予定のESU BR294DBAG(ダブルスリップ15°通過時?)に有効な手段となります。
ECoS2.1での駅モジュール ルート設定が完了しました。


P.S
初心者(私含む)にありがちなDCCに関する注意喚起です。
ad1.jpg
これは今から10数年前のKATO,デジトラックスDCC機器として過去に販売されていた『JR浜松鉄道レイアウト』時代に使っていたスーパーチーフセット用オプション(左側)とD101に付属していたACアダプター電源です。よく見ると出力がACとなっています。これを今HOで使っているz21やECoS2.1に用いると最悪壊れます。(ECoS2.1の取説には当社以外の電源を使うとECoSに深刻なダメージを与える恐れがあると書いてあります!)名称こそACアダプター電源となっているものの出力はDCタイプを使う製品が多いです。

nice!(29)  コメント(6) 

走行経路を作ってみた [ROCO z21]

モジュールの製作に入る前にまずはレールを敷かなくてはなりません。そして配線作業も平行する事になります。今回レールはビス止めするので万が一デコーダが支障をきたしても対処出来るよう作っていきますが、ルート設定も済ませておきたいので新プランの追加ヤード(5線+機関区2線)以外を先に作ってみました。
z21-26@.jpg
前回同様にスタート画面からシグナルボックスをタップし画面右上の+マークをタップ、今度はその下の走行トラックをタップすると丸マーク(ボタン)と同時に名称を入力する新しい『走行トラックを追加』が出ます。私は名称を番線表示にしました。
z21-28.jpg
ここでは3番線のボタンを作ったあとで外回り線で使う3番線のポイントをタップして『走行トラックに追加』をタップすると画面右側に3番線が出ます。続いて3番線ボタンをタップすると右側にはねマークが付くので関係するポイント(ここでは4箇所)全て登録します。上記画像は3番線に使うポイントをタップしたところ。3番線ボタンをタップすると右側画面の3番線に、はねマークが付きます。
z21-29.jpg
この要領で考えられる動き全て登録していきました。
z21-30.jpg
全体のレイアウトを考えながら配置して、番線ボタンをタップすると画面右側に先ほど登録した関係するポイントのアドレスとアイコン、ポイント動作時に過電流を防ぐ20ms(それぞれのタイムラグ)が出ます。20msは必要に応じて書き換える事が出来るようです。(私はこのまま)
ここでアイコンの向きを進路に従い合わせる(修正する)事が出来ます。万が一間違ってもここでやり直す事が出来ます。
z21-25.jpg
運転画面で番線表示をタップする事で快適に操作出来ますね。これは安価な割に良い買い物が出来て本当に良かったです。ヤードの製作に取り掛かったら再度追加で登録する予定です。

z21コントロールパネルでの操作テスト。

レールは設置しておりません。
z21-31.jpg
仕上げに見易くレイアウトしてコントロールパネルの出来上がり。

※iPad12.1画面上では問題無く動作しておりましたが、実際にモジュール上で動かした際にポイントの誤作動や連動誤作動が発生し現在使っておりません。記事と矛盾してしまいますが、ECoS2.1での操作に当面(解決するまで)委ねるつもりです。
ecos4.jpg
ECoS2.1にて5番線〜3番線内回りを設定したところ。時間差でポイントがバシバシ動く気持ち良さ。ダブルスリップのアイコン(進行方向共)は目を瞑り1〜4番線のルートも設定します。画像は3番線内回りに合わせたところ。

nice!(28)  コメント(6) 

z21 startを触ってみる [ROCO z21]

Nardiさんより設定されたz21 startが届いたので早速触ってみました。
z21-4.jpg
本体にルーターを繋いで最初なのでROCOの分岐ポイントでテストするべく純正デコーダをセットして線路に給電。
z21-5.jpg
レイアウト路線図をスキャナーで取り込みiMacを経由しiPadに送り、Z21アプリを起動して路線図の元にしました。PC音痴の私の場合こういう作業ってただひたすらに触って感触を掴むのが手取り早い気がします。
z21-21.jpg
ROCO LINE with bedding ポイントの裏側とDigital switch drive。取説通りに設置してはじめます。
z21-6.jpg
まずはポイントを登録してみました。
z21-7.jpg
Nardiさんが他社アクセサリーを問題なくアドレス登録できるようにz21を設定してくれたので、純正のデコーダは+4したアドレスにしました。従ってアドレス5は1になります。←※ROCOの他社アクセサリーとの-4問題で、Digital switch drive42624は他社側に合わせていることから今回のようにアドレス1のところを5にする必要はありません。従って上記の画像の設定は間違いで普通に設定するだけです。z21設定画面。
z21-22.jpg
Nardiさんの記事から拝借。
z21-8.jpg
詳しい操作方法はマスターした後になりますね。登録後に運転画面に戻って正常に動くかテストしました。ポイントの動きがスムーズに行かない時がたまにありますね!ポイントの当たり外れがあるのか?もしれません。
z21-9.jpg
見やすい画面で操作するつもりです。ワクワクしますね♫
z21-10.jpg
Nardiさんからのアドバイスで原因究明を兼ねてECoS2.1で再登録し直しました。
https://www.namelesscity.tokyo/2018/11/rocoecos.html(ROCOデコーダ付きポイントマシンとECoSの設定参照)
心配だったポイントの不具合が見つかり別の物に同じデコーダを積み替えました。切り替えレバーのバネが強く動作し負担がかかっていた事が分かりました。
z21-11.jpg
再びz21でテスト。今度は何事もなかったかのように動いています。スイッチの硬い方は裏側の黒いカバーを外して解決策をみつけようと思っています。
z21-12.jpg
その後手動スイッチを上げながら動かすと引っかかりが少なくなることが分かって黒いカバーを外すのは保留としドライバーと手でひたすら稼働させていくらかスムーズになったところで再度デコーダを装着してECoSでテスト。うまく行ったのでアドレス2で登録。
z21-13.jpg
z21単体でも問題なく可動して、ほっと一息。製品のバラつきは仕方がないのかな。

ポイント手直し後の動作状況。続いて Double-slip switch 15°の設定になります。
z21-14.jpg
デコーダ2個装着してECoS2.1でアドレス登録後。(アドレス9と10に設定)
z21-15.jpg
家庭内にあるもう一台のiPadが数年前のモデルの為、旧Z21アプリを使って設定します。スタート画面からシグナルボックスの設定を選び+をタップしControlをタップするとアイコンが出ます。クロッシングポイント(Double-slip switch)を選ぶと2つのアドレスを書き込むマスが出ます。
今のところ二箇所のポイントを設定しているのでアドレス3と4が自動で入力されてますが、ECoS2.1で9と10に登録しているのでここも9と10に書き換えて設定をタップします。
※ z21単体でのアドレス登録は、この時に緑色コードの先端の金属を線路に付けて登録。今回はECoS2.1で登録済み。
z21-16.jpg
するとROCO LINE with bedding ダブルスリップの4形態のアイコン画面(テストボタン)とAdr1とAdr2のポイントの向きを切り替え出来る0と1ボタンが出ます。アイコンを押してそれぞれポイントとアイコンが合うように確認して行きます。ここでは4番目のアイコンを合わせます。
z21-17.jpg
0と1の配置を変えて合わせたところ。アイコンと同じ向きに2つのデコーダが切り替わります。これは楽しい。
z21-18.jpg
次に設定したアイコンを長押しして向きと大きさを合わせます。出来たらアイコンを所定の位置にずらします。
z21-19.jpg
運転画面まで戻って合っているかタップして確認。
z21-23.jpg
出来たら忘れないうちにデコーダにアドレス番号を記入しておきました。
z21-20.jpg
そして駅モジュールに設置する為の端数レールを先に組んでおきました。手動のレバーは引き抜けるので付属のカバーでフタをして隠します。これで設定方法が分かったので19箇所のポイントを設定して行きます。そのあとでルート設定する予定です。


設定テスト。
z21-24.jpg
その後、ECoS2.1とz21をスタンバイして流れ作業でアドレス設定しております。
※今回は、z21 Track出力(レール給電)からECoSniffer入力へ繋いでECoS2.1から線路に出力するのでポイントアドレスはECoS2.1で登録し、z21ではECoSのアドレスを入力し設定をタップしてアイコンとポイントの動きを合わせています。カーブポイントなど一部のポイントに登録反応の鈍いものがありましたが、数回試しているうちにデコーダが反応して無事に登録出来ました。42570カーブポイントが届いたら追加予定のヤード以外の設定は一段落します。

nice!(29)  コメント(8)