So-net無料ブログ作成
車両工作 ブログトップ

Zug 伊豆急100系 1971年非冷房3両付属編成とクモハ103号車の製作 [車両工作]

秋口製作予定の伊豆急100系について一部のパーツの売り切れによりのんびりと構えていられなくなり、必要な部品を揃えて行く事にしました。製作まで間があるので忘備録としても書いておきます。
zug45.jpg
3両付属編成の内クモハ101は現在先行製作中なので、これはクモハ103復活仕様として製作します。工房にある余った窓ガラスパーツ、エアーホース、真鍮線、デカールなどはクモハ101と5両基本編成完成時に一旦戻してもらう予定。
zug46.jpg
塗装に関しては103号車も同色にして統一感を出します。屋根の色目や配管などRM MODELSのイメージで製作。M車とするのでDCC対応のエンドウ製キャノンモーターユニット搭載。クモハ101と同様です。ヘッド、テールライトは電球色LEDでDC15V許容抵抗とします。←全車両とも16V対応に修正。(アナログ運転は基本的に考えておりません)室内灯は無しのクリアパーツ設置による準備のみ。
zug47.jpg
クモハ103号車のみ冷房化後の姿になります。
zug48.jpg
こちらは3両付属編成に収まるクモハ113とクハ151更新後になります。クハ151はデビュー当時は低運転台車でしたが、事故によりその後高運転台車となりました。1971年当時はすでに高運転台車として運用されていました。
zug49.jpg
予算配分の都合でこれらは9月頃の製作分になります。クモハ113とクハ151はDCC化の都合上5月末以降発売予定のKATO FL12先頭車用デコーダを搭載します。
zug@1.jpg
GW中に訪れた伊豆高原駅構内に留置されていた103号車。今回はリゾート21EX黒船電車の走行音とプラットホームからの発車音、駅音声アナウンスなどを収録して来ました。(LPCM192kHz24bit録音)
zug@2.jpg
駅舎内にある模型。配色の参考になります。
zug@3.jpg
かつて貨物運用されていたデキの模型。

nice!(26)  コメント(4) 

Zug 伊豆急100系 1971年非冷房5両基本編成とクモハ104(101に変更)の製作 [車両工作]

思い出にある伊豆急100系をHOゲージ(16番ゲージ)で所有する事は私の長年の夢でした。1971年当時小学生だった頃に京急とならび電車好きのキッカケとなった車両です。カルダン駆動方式を採用した111系(113系)と100系普通電車は国鉄伊東線と伊豆急行線を当時豪華だった冷房化されたグリーン車を連結して5〜8両編成(111系は7両固定編成)で運用されていました。宇佐美トンネル内を全開で走行する様は迫力があってクハやクモハが必ず中間に連結されている100系は運転席を見る事が出来、スピードメーターが100kmを超えてくるシーンをうっすらと記憶しています。当時の資料が少なくて書籍から見つけた上から2番目の5両固定編成に照準を合わせました。いずれは上から2番目の3両基本編成DCC仕様(クハ151高運転台車、クモハ113低運転台車、クモハ101低両運転台車)も作る予定です。
zug1.jpg
今回は信頼のおける工房に依頼してDCC専用編成を作る予定です。(DCCは8-pinソケット接続によるスピーカー、サウンドデコーダ搭載準備まで)固定編成にあるモハ147にDCCの動力を搭載して、アナログ運転する時はクモハ104を先頭車として運用するつもりです。←※クモハ104アナログ仕様は製作を中止します。代わりにクモハ101のDCC(キャノンコアレスモーター搭載)仕様を作る事にいたしましたm(__)mよって全てDCC仕様で製作します。もう1両のクモハ両運転台キットは103号車を秋口に製作する予定です。
zug2.jpg
クモハ両運転台車製作用キット。
zug13.jpg
オプションの103復活パーツ。冷房やスカートなど追加分の内容。(今回の製作には使いません)
zug3[.jpg
アナログ動力用のNSドライブユニットを使い、←※エンドウ・キャノンコアレスモーターを使います。こだわりのIMON製PT42グレーパンタやジャンパ栓、屋根配管に真鍮線、キット付属のエッチングパーツで装飾を施します。
zug50.jpg
インレタの参考。妻面の検査標記位置。インレタにはコック印や乗務員室、車番などが含まれてます。
zug28.jpg
クモハ101をDCC化する為のエンドウ動力ユニット各種。モハ147のユニバーサルジョイント含めて再購入。
zug4.jpg
RMM記載のクモハ102がちょうどその頃の外観なので参考にします。(ライトケースは上半色となっていますが、私の製作ではハワイアンブルーで塗装)製作するクモハ104、←製作中止。101、その他のクモハ低運転台車のライトケースはハワイアンブルーで塗装。内装はシートを青、シートカバーは(白)で完成見本通り塗装。サロのみシートは赤、シートカバーは(白)。屋根も完成見本通り塗装。
zug39.jpg
屋根の色目は濃いグレー系。ヘッドライトは電球色LED。
zug5.jpg
キットはABS樹脂パーツとの事なので専用のボンドが必要になります。
zug6.jpg
ライト類はLEDを搭載予定。日本型DCC運転時15V 許容抵抗。←全車両16V対応に修正。(クモハ123とクモハ128片運転台車はKATO FL12によるDCC制御を実施)室内灯はクリアパーツ設置による準備のみ。
zug7.jpg
こちらはクモハ123低運転台車とクモハ128高運転台車を作るキット。
zug9.jpg
これには前面パーツが2種類入っています。
zug27.jpg
クモハ128高運転台車はスカートを加工して取り付け。
zug16.jpg
金属車輪はオプション扱い。
zug17.jpg
妻面に樋のあるものと無いとの違い。
zug29.jpg
伊豆急100系クハ、クモハ前面床下に空気管も装着します。(ロストワックス)
zug30.jpg
こちらはクモハ101、103に取り付けるエコーモデルのエアーホース。曲げて角度を合わせて前・後に取り付け。(ロストワックス)
zug34.jpg
IMONのエアータンク釣合空気溜。
zug36.jpg
床下機器の資料として参考にしました。
zug37.jpg
Zugの伊豆急キットに側面の窓ガラスパーツが含まれない為、エコーモデル3601(厚0.25mm)の窓ガラスパーツを使います。サロにはブルー色。
zug18.jpg
キャノンモーターにも対応してますね。
zug8.jpg
さらにクモハ101、モハ147DCC動力用のエンドウ製キャノンモーターユニット各種(U-TRAINSキハ40搭載動力と同じもの)サハ171付随車のキット。
zug14.jpg
形式ごとに作れる内容になってます。初心者は経験者が近くにいないと難しそうですね。私はパテ作業や色の塗り分けが下手なのでお任せです。
zug15.jpg
思い入れのある選んだ編成は、偶然にもオススメタイプ。これは同時に加工料金にも反映されますから。欲張ると上級者向けのサロハ181、182の形式まで作れますね。
zug19.jpg
動力車をDCC化する為の8-pinソケットなど。
zug20.jpg
サウンド化に不可欠なPowerpack mini(大容量コンデンサー/バッテリー)両運転台車でも安定した走行が楽しめます。クモハ12、←搭載中止。キハ40にも搭載予定。赤線はU+(プラス)、黒線はGND(マイナス)、白線がチャージの意味。
zug21.jpg
サウンドデコーダ(ESU LokSound V4.0 micro 8-pin)がやっとこさ届いて取説を解読中。今回青線は使わないのですが、その上に重ねてハンダ付けするようですね。それと今回は走行配線だけなので赤線は進行方向右側レールと黒線左側レールとモーター(オレンジとグレー)だけになります。室内灯はプラモキットなのでコンデンサーを搭載していない付随車もあり、ちらつき問題を考えて無しとしました。
zug22.jpg
クモハ片運転台車2両のライト制御(ライトコンデンサは16V対応)はKATO DCCフレンドリーFL12を使います。
続いてサロ184のキット。
zug10.jpg
2両分入ってます。サハ、モハなどから途中改造された前面が平のクモハなどに改造するパーツが入ってます。今回はサロ184を1両だけ作ります。当時冷房と熱線吸収ガラスが奢られていましたので窓ガラスパーツ内側を若干のクリアブルーで塗装を施します。←エコーモデルのクリアブルー色採用。
zug11.jpg
オプションのデカール。これを使ってグリーン車マークやサボ、行き先などを取り付けます。
zug12.jpg
あまぎモデリングイデアさんで直接購入する特典のガイドも付けてくれました。伊豆高原駅構内の説明が載ってます。いつかHOサイズで作ってみたい気持ちになります。折しも100系復活103が新システム導入の波についていけず今春で引退とか。せめて模型の世界で残していきたいと思います。
185.jpg
このタイミングで天賞堂より185系製品化発表。おそらくDCC対応の8-pinソケット装備で出してくるはずなので100系と年代こそ違えどモデル化しやすい踊り子7両編成を再現するため導入予定とします。←このままのペースだとプラ製モデルばかりになってしまう事から保留とします。
※追伸。
zug26.jpg
秋口製作予定のクモハ103両運転台車のキットを先にキープ。103号車にDCC動力を搭載します。DSair2を導入しピュアアナログアダプタを介して(ESU LokSound V4.0 シリーズはアナログ運転も可能)全車両でアナログ運転も予定。DCC運転時(12V電源使用ですがサウンドインストール時は15V使用)は2編成または8両編成、クモハ103単独で運転します。このあとは頼んだ工房での製作になります。

http://amagi-model.ocnk.net/diary-detail/96 あまぎモデリングイデア Zug伊豆急100系 製作について。


nice!(31)  コメント(8) 

伊豆急100系動力車交換作業 [車両工作]

PECO大型ポイントの交換が完了したので、走行テストを繰り返し行いました。その中でマイクロ製旧動力車の伊豆急100系の走行が不安定(ポイント分岐線の僅かなカーブに差し掛かると走行がストップする)な為、LOCOを試したり試行錯誤を繰り返しておりましたが解決策が見つからないので思いきって動力を鉄コレのTM-08動力ユニットに交換することに致しました(本来ならばTS316台車が選択出来るTM-14動力ユニットを使う)
100kei-1.jpg
この動力ユニットは、長さの調整やマイクロ車両のアーノルドカプラーをそのまま付ける事が出来る(TNカプラー用の小さなボッチが付いている)ので加工し易いと思い採用しました。走行性能が良いのは言うまでもありません。
100kei-2.jpg
車体をそのままでのせる事は出来ませんので窓パーツにある小さなボッチは切除し、大きな方は鉄コレ動力車の方であたる箇所を車両をかぶせた時にちょうど良い高さになるようにカッターやニッパーで切除しました。車体の方はライトユニットが当たりますので外しておきます。中間車なのでライトの点灯は諦めました。
100kei-3.jpg
組み込んだ状態です。今回は走行性能を重視し細かいところ(実物に沿った加工)は一切無視していますのであしからず。台車は似ているものからFS372をつや消しブラックで塗装後使い、床下スペーサーはLタイプを使いました。床下機器については、後日鉄コレ車両より似ているものを使う事に致します。今までのギクシャクしていた走行がウソのように改善されて、ポイント通過時も大変滑らかに走行します。
100kei-5.jpg
後日伊豆急100系の非冷房編成のクモハ104で走行させたところ、PECOポイント交換作業が上手く行ったようでMA製旧型動力(改良品)にしては上出来な滑らかな走行を得る事が出来ました(初回版限定木箱セットのクモハ103では、私のところのは走行性能がギクシャクしている)こうなると最新の冷房編成の動力が不良品だった可能性が出て来ました。当たり外れの大きいM社、なんとかして欲しいところです。
100kei-8.jpg
非冷房編成の方は冷房編成に比べてアーノルドカプラーの車両同士の間隔が開き過ぎて不自然な為TNカプラーに交換し、あまぎの100系インレタ標記(白)を貼りました。クモハ104の実物にスカートはありませんが、当鉄道のクモハ103の動力が不調な為に代わりの役目を担っています。
100kei-9.jpg
伊豆急100系同士の出会い。この写真が撮りたかった為の作業でした。
100kei-10.jpg
行き先表示も付けなくては。伊豆急100系の現役の頃を思い出します。
futoeki1.jpg
そしてあと一つ問題があります。ここに来てFULGUREXマシーンへの負担というか熱の問題が発生しています。モーターが焼けるように熱くなると動かす事が出来なくなるのです。最悪の場合はマシーンを撤去しPECO専用のソレノイドマシーンに交換する可能性があります。第二弾の富戸駅(城ヶ崎海岸寄り)のポイントとのからみもありますので困ったものです。。。

車両工作 ブログトップ